木漏れ日の樹海


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

(こもれびのじゅかい)

山の麓にある樹海。魔導の港ライルの北に位置しており、また、オンボロマンションの周辺の樹海がそうである。

昼は木漏れ日が常に差し込む穏やかな場所で、夜はぼんやりと青白く光る蝶がところどころ飛んでいる幻想的な場所。
樹海の割には道らしい道ができており、看板も建てられているので目的地に行くのは簡単。
さらに、もし迷っても勝手に入り口へ戻ってくるという不思議なジンクスがある。
また、樹海に家を建てて居住している人もいるため、目的地へ行きたいがどう行けば分からない場合、扉を叩いて聞いてみると大抵教えてくれる。

稀に蝶にまぎれて妖精が飛んでいるらしいが、実際に出会ったという報告は少ない。
木漏れ日の樹海のどこかが、妖精の国と繋がっているという伝承もあるようで、妖精に出会おうと奮闘する人間も多い。
しかし、樹海の住人は妖精の存在を信じるものが多いが、人間から隠れて生活している妖精を狩るような事を快く思っていないようである。
そのため、出会ったら怯えさせないように、優しく気軽に話しかけるようにと教えている。

ライルでは、隠れたデートスポットの一つとして知られている。


樹海の住人
  • キコ
  • おひたし
  • ポミカ

主な生息生物
  • ネオンバタフライ
  • 妖精
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。