滅華


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

(めっか)

種族:人間(ジュペッタ)
性別:男
年齢:22歳

に住まう、赤石旅団の呪術師。206号室住人。

イケメン顔の美青年。容姿がとにかく良く、道行く女性が見惚れてしまう程。
本人も自覚しており、「※ただしイケメンに限る」を表した行動を地で行っている。ナルシストだが、あまり容姿についての否定はできない。

性格は軽く、それでいて我侭。大体のことは自分の顔でなんとかなると思っている(女性相手では特に)。
また、女たらしでナンパ好き。好みの女性を見つけるとすぐナンパしに行く。守備範囲は広いが、とりあえずいやらしい体は大好きだと言う。
男にはまったく興味がない。そのため、男性相手だと人が変わったように冷たくなる。
葬の住人の中でも女性陣には人気(顔だけ)があるが、男性陣からは嫌われて(妬まれて)いることが多い。

戦闘能力の高い人間ばかりの赤石旅団だが、滅華は実戦経験も少なく弱い。そのため専ら女性相手に情報収集(本命は別)をしている。
ちなみに旅団に入った理由は「色んな女の子と会って仲良くなりたいから」。

「糸の操作」と「呪い」の魔能力を持っており、糸に呪いを付加させてそれを操るということを得意とする。
呪術郷ヤオの家系ではないのだが、呪いの魔能力を静穏に分け与えられて使用できるようになっている。
そのせいで、ヤオの家系でありながら呪術を使用できない夕立の心境を、さらに複雑にさせている。

静穏を尊敬しており、現在でも師匠と呼び慕っている。


ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。