創作の地戯楽


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

(そうさくのちぎらく)

画家、音楽家、文芸家など様々な職種の集まる、創作家のメッカとして有名な町。
1年に2度、町を上げてのプロアマを問わずに出展ができる、戯楽祭という大きな創作展が開かれる。この祭りの日には各地から多くの人間が集まり、非常に活気がある。
住民の個性が強すぎて、HENTAIが多いだとか未来に生きてるだとか言われている。

住民の多くが創作家のため食料自給率がかなり低い。そのため、食料のほとんどは輸入によって賄われている。
しかし、戯楽祭でのお金の巡り方は類に見ず、それにより多額の利益を出し、発展しているようである。

日彩江とは古くから親交があり、現在でもお互いに手を組んでいる。
戯楽の食料や自衛などの弱い部分を日彩江がカバーし、戯楽の出す利益は日彩江の開発費などに回されている。
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。