生の園アルバリア


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

(せいのそのあるばりあ)

2つの運河に横切られた山の斜面に展望する町。生物技術に長け、アルバリアの多くの研究所は遺伝子操作や品種改良などの研究に熱心である。
町は運河によって3つに仕切られており、一番門に近い区域から順に「ファーストアルバリア」、「セカンドアルバリア」、「サードアルバリア」と呼ばれる。
1stAは環境としては周囲一体と大体似ており、一番住宅街が多い。2ndAはアルバリアらしい生態系が存在し、他では見られない生物が群生している。
3rdAは一般開放されておらず、ほとんど研究所みたいなもの。主に高位の研究者が集っている。3rdAの中にも区域が存在するらしいが、詳しいことは分からない。
町といっても他の町と比べてあまり住人はおらず、大きな研究所、あるいは動物園みたいなところである。

アルバリア研究所自体は他の都市にも支部があり、そこで調査、研究されたデータなどをアルバリアの本部に送り、更なる研究を重ねている。
他の都市としても、土地にあった品種改良や育成方法などを調べてくれる恩恵があるため、自治体が率先して歓迎しているようである。

月に一度、研究所支部では新種の苗木や食材を販売しているバザーも行っている。
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。