※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

さてさて、キル講座を最近していますが、その場で言っても私も忘れるので記録として残しておこうかなぁ、てことで以下駄文です。

1.横感度と縦感度の調整

横感度・縦感度とも自分に合った感度で構いませんが、横感度に関しては75以上の方がいいと思います。
左右の目視確認や背後・近距離の撃ち合い等、横に振る事が多い為です。
75から徐々に上げていって自分に合う感度を見つけてください。

2.撃ち合いの時は常に動くこと

近距離・中距離・遠距離を問わず常に動くようにすること。
但し、遠距離のスナイパーを狙ったりする場合、自分の立ち位置で止まっ
撃っても大丈夫!って時は止まって撃つのも有りです。

3.自分の得意な距離を見つけること

誰でも得意な距離・不得意な距離があると思います。
ちなみに僕は至近距離~ギリギリ中距離まで。
遠距離は最初から捨ててます。
武器やスキルによって大きく変わってくると思います。
F90を使っている身としては中距離も正直微妙です。

4.得意な距離に持ち込もう

自分の得意な距離になるまで撃たない事も重要です。
発砲しなければセンサー妨害、スキル3があれば走ってもジャンプしてもミニマップに写りません。
それを利用してルートの設定をしつつ近づいたり離れたりを考えてください。
敵が見えた!(遠距離)撃っちゃった・・・・敵はオプティカル、こっちはリフレの場合はその時点で不利です。
発砲をグッと我慢することも重要です。

5.撃ち合いは正面からより横・後ろから

正面から撃ち勝てるのであれば正面からでも良いですが、基本は横や後ろを狙うようにしましょう。
その為には裏取りが重要です。

6.中腰はありえない

動かなければやられるMAGで中腰はなんのメリットもありません。
中腰にするくらいならいっそ伏せて進んじゃえw(冗談です)

7.撃たれた方向を見極めよう

敵に撃たれたら丸い輪っかみたいなのが出てると思います。
白小(遠距離)白大(中距離)黄色(近距離)赤(喰らってる)
これとミニマップを見て敵の位置を大体把握することが重要です。
とにかく索敵出来なければただの養分です。

8.ナイフは敵の左側から

正面からナイフを振る場合は左スティックを右に倒して敵の左側から当てるように振りましょう。
無意識に出来るようになれば君も立派なナイファーだ!

9.死亡状態やリスポン待ちを有効に活用しよう

死亡状態で周辺を見渡せます。
敵がどの位置にいてどこに向かっているかを見極めることも重要です。
同じくリスポン待ちのバンカーなどでグルグル回してみてバンカーからどちら側に敵がいるかやどこに向かっているかを把握すると良いと思います。

10.デスを恐れず突っ込もう

デスが多いと嘆いていても仕方ありません。
1デスする間にとりあえず1キルを目指しましょう。
そうすればパープルハート頂くときには30キル出来てます。
35デスすれば死神とれるぜ!

11.うまい人の動画を穴があくまで見てみよう

うまい人はとにかくキル出来るポイントや索敵がうまいです。
参考になる事が多いと思います。
どんどん真似してみましょう!

12.目標を立ててみよう

一試合に何キルしようとか修理しながら何キルしようとか目標を立てるとただ漠然と試合をするよりも、やってやるって気分になると思います。
僕の師匠からは「気分だよ、気分。ノッテくるとキル出来る。」って言われてます。

13.ミニマップ・マップを良く見よう

味方が死亡しているということは近くに敵がいるということです。
ミニマップを気にしながら動きましょう。

とりあえずここまでまた追記していきます。
by kohachi