「シンデレラ」の編集履歴(バックアップ)一覧はこちら

シンデレラ」の最新版変更点

追加された行は青色になります。

削除された行は赤色になります。

 [[シンデレラ]]とは名称カテゴリの1つ、[[《プリンセス・チャージャー》]]により名称カテゴリとなる。
 
 [[御伽編]]におけるメインヒロイン。抜擢された理由は「[[スプラッシュ・クイーン]]の命名ルールに沿うから」とのこと、基本的にスプラッシュ・クイーンを種族に持ち、7コスト以上の大型がメイン。コンボ向きだったりフィニッシャーだったり種類が意外と多い。
-能力面の特徴として、魔法に制限時間があることから、ターンや勝敗に関係するカードが多い反面、常在型能力の持ち主はほとんどいない。
+能力面の特徴として、魔法に制限時間があることから、除去耐性持ちが多かったが、リリィ洗脳後は洗脳中に得たVV-8由来のエクストラターン能力を扱う機会が増えた。ただし、常在型能力の持ち主ほほとんどいない。
 尚、[[御伽編]]のシンデレラは16~17歳くらいらしく、本名はエリス。(安全地帯の楽曲「碧い瞳のエリス」に由来)
 また、全ての[[プロタゴニスト]]に言えることだが、プロタゴニストは襲名制であり、[[御伽編]]までの1万年の間に数多く存在していた。
 
-エリスの1つ前の代はリリィという名前であり、その前が氷麗である。
+エリスの1つ前の代は氷麗という名前であり、その前がリリィである。ちなみにエリスの次はジュリア。
 
-メインヒロインの宿命か[[闇堕ち>《D2T シンデレラ》]]や[[乗っ取り>《偽りの麗姫 アシェンプテル》]]などのダークサイドもかなり多いが、今後も[[Orfevre>オルフェーヴル]]のフラッグシップとして彼女も数を増やしていくことだろう。
+メインヒロインの宿命か[[洗脳>《D2T シンデレラ》]]や[[乗っ取り>《偽りの麗姫 アシェンプテル》]]などのダークサイドもかなり多いが、今後も[[Orfevre>オルフェーヴル]]のフラッグシップとして彼女も数を増やしていくことだろう。
 
 [[持ち主>水川和巳]]の後を追ってか、戦闘破壊学園ダンゲロスへの参戦が決定している。
 
 **カード一覧
 **[[御伽編]]にて登場するシンデレラ本人
 -[[《氷麗姫シンデレラ》]](エリス)
 
 **《氷麗姫シンデレラ》(エリス)の前に存在した先代のシンデレラ
 -[[《天麗姫シンデレラ》]](氷麗)
 -[[《光麗姫シンデレラ》]](リリィ)
 -[[《光神龍シンデレラ》]](始祖)
 -[[《真実の麗姫 シンデレラ》]](氷麗が乗っ取られたバージョン)
 
 **[[革命ファイナル合作]]にて禁断の洗脳を受ける。(洗脳されたのはリリィ)
 -[[《D2T シンデレラ》]]
 
 
 **本人ではないがシンデレラに含まれるクリーチャー
 -[[《紋章麗姫シンデレラ》]]
 
 **シンデレラ本人(または派生カード)だがシンデレラに含まれないクリーチャー
 -[[《偽りの麗姫 アシェンプテル》]]
 -[[《氷麗姫サンドリオン》]]
 -[[《被灰の語り手 氷麗》]]
 -[[《朱刃后 エリス》]]
 -[[《被灰の姫 エリス》]] 
+-[[《カボチャ嫌いのエリス》]]
+-[[《被灰の目覚め ジュリア》]]
 
 
 
 **評価
 #comment
|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|