《赤眼騎神ボルガウェイン》

赤眼騎神ボルガウェイン P 火文明 (7)
進化クリーチャー:アーマード・ドラゴン/ティラノ・ドレイク/ナイト 9000+
進化-自分のナイト・クリーチャー1体の上に置く。
■自分が呪文を唱えた時、そのターン、バトルゾーンにある自分のクリーチャーはすべて、アンタップされているクリーチャーを攻撃することができる。
■自分のクリーチャーはすべて、自分の墓地にある呪文1枚につきパワーが+1000される。
W・ブレイカー
作者:焼きナスオ

実質的に、自分の唱える呪文すべてに《クエイク・ゲート》の効果+αが追加される、クリーチャーコントロール向けの能力を持つ進化クリーチャー。
《母なる星域》などの呪文でこのクリーチャーをバトルゾーンに出した場合、「呪文を唱えた時」とは、=「呪文の効果が解決し終わって墓地に置かれる時」である為、アンタップキラーの効果は付与されることになる。

ネーミングの由来はアーサー王伝説に登場する円卓の騎士の一人「ガウェイン卿」である。

フレーバーテキスト

赤き騎士の魔銃から放たれた一発の銃弾が、新たな戦いの幕開けを告げる狼煙となった。

収録


評価

名前:
コメント:

|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|