《嘘っぱちテーメノン》

嘘っぱちテーメノン C 火文明 (3)
クリーチャー:ティラノ・ドレイク/ヒューマノイド/ライアー・ライター? 3000
■この《嘘っぱちテーメノン》が場に存在する際、他のあなたのクリーチャーを召喚する際、裏向きのまま召喚する(場を離れる際は、直前にそのカードを表向きにする)。その際、そのカード名を宣言するが、嘘のカード名を宣言してもよい。そうした場合、そのカードを宣言したカード名のクリーチャーとして扱う。
■あなたの他のクリーチャーを召喚した際、相手は宣言したカード名を嘘だとあなたに訴えてもよい。嘘であった際、その召喚は無効になる。それが本当であった際、相手のマナゾーンからカードを1枚選び、墓地に置く。
作者:テーメノン

フレーバーテキスト

なぜそこに彼はいるのか、誰も知らない。ただ一つ確かだと云えるのは、彼こそがこの虚構を緻密に描いた「嘘つき作家」であることだけ…。

評価

名前:
コメント:

|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|