《冥い血統アンビリバレンス》

(くら)い血統アンビリバレンス  SR  闇文明  (7)
進化クリーチャー:エイリアン   12000
■進化-自分の《血流》と名のつくクリーチャー1体の上に置く。
■呪体(バトルゾーンにこのクリーチャーと同じコストを持つクリーチャーがいる限り、このクリーチャーをバトルゾーンに出すことができない。また、このクリーチャーがバトルゾーンにいる限り、すべてのプレイヤーはこのクリーチャーと同じコストを持つクリーチャーをバトルゾーンに出すことができない)
■各ターンのはじめに、数字を2つ選ぶ。そのターン、相手は選ばれた数字と同じコストを持つクリーチャーをバトルゾーンに出すことができない。
■相手が呪文を唱える時、その効果を実行するかわりにその呪文と同じコストを持つカードを1枚、手札から捨ててもよい。
■T・ブレイカー

いよいよ生まれた「血流」の進化。
クリーチャーと呪文に対してのロックのような効果を持っています。
種族は何のシナジーも感じられないエイリアン。

ストーリー上では過去に抹殺されてきた「血流」達の怨念が集って誕生。
抑制された本能を剥き出しにして暴れまわりますが、その姿は醜悪そのもの。「血流」の残存勢力の中でも戦闘に疑問を抱く者まで出てきました。
イラストはまんまタタリガミ。

作者:仙人掌

フレーバーテキスト

あいつがオイラ達が意地悪し続けたことの報いなんだな… -獣の住人

収録


評価

名前:
コメント:

|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|