DMC-OR4 エピソード4 「VECTOR・イン・ワンダーランド」

作者:シュガー

作者から一言
先行予告!エピソード4!





背景ストーリー
アウトレイジオラクルの戦いが過ぎ去ってしばらくしてからのこと。

ハンターエイリアンの生き残りの代表格であるプリンプリンがクリーチャー界の女王となったことで、世界には平和が訪れていた。ところが、もともと無法者集団のアウトレイジは、そのことにほとほと退屈していた。そんなアウトレイジたちは、自分の憂さ晴らしをするかのごとく、各地で暴れまわっていた。

そんな中、プリンプリンは慕っていた鬼丸や、その兄の修羅丸に会いたいと考え、レッド・コマンド・ドラゴンおよびキング・コマンド・ドラゴンの協力を得て兄弟の復活を試みた。だが、現れたのは、自ら『ベクター』と名乗る、異形の者たちだった。

彼らの代表である 《BOOST GT-R typeΩ》? はプリンプリンに取引を持ちかける。平和を何よりも尊ぶ利潤追求集団であるという彼らは、 クリーチャーの体内に入り込み、その媒体を宿主の意識を残したまま強化するという能力を持っていた。 その能力を使い、クリーチャーたちを強化する代わりに、自分たちも含めてクリーチャーが遊び暮らせる楽園を作ってくれと申し出たのだ。「それが成功した暁には、あなたの兄弟の復活にも手を貸しましょう」と言って。

そんなうまい話なら、と飛びついたプリンプリンは、手始めに自らベクターを取り込み《絶対女王 プリンセス・オブ・クイーン》?へと変身。娯楽を排斥するオラクルからの抗議は、ベクターの協力を経て生み出した《「夢」の絶頂 ラピュタ》?などのゼニスや、《絶対の皇帝 ガルガンティアXX》?《絶対の王 コネクト・マギカ》?などのアンノウンの力を得たドラゴンと共に封殺してしまうのだった。

圧倒的な力を持つ両者に、戦いに疲れ果てていたエンジェル・コマンドが同調。これをきっかけにドラゴン・ゾンビボルケーノ・ドラゴンジャイアントグリーン・コマンド・ドラゴンガイア・コマンドなどといった主に大型種族が次々に移動し、ベクターやアンノウンとなっていった。たくさんのクリーチャーと共に空に浮かぶ楽園は、かつてのニルヴァーナ・ゼニシアを思わせた。一方、《BOOST GT-R typeΩ》? らを何とか煙に巻いて自分のベクター化を防いだ《神託の王 ドーマン・セイマン》?を筆頭とするオラクルの一部は「自分たちの望む平和が守られるなら、ベクターに協力した方が得ではないか」と読み、ベクター化されないことを条件にベクター側に協力を申し出るのだった。

そうこうするうち、傲り高ぶったベクター側は、他の種族を軽蔑するような動きを見せるようになっていく。楽園に移送される資源はあらゆる形でクリーチャー界から吸い上げられてしまい、クリーチャー界は深刻な格差を抱えることとなる。

これにアーマロイドサイバーロードスノーフェアリーゲル・フィッシュソルトルーパーキマイラビーストフォークなどといったおもに小型種族は大反発し、ベクターにならなかったアンノウンやアウトレイジと合流して《超合金 メタルファイト・ストライバー》?をリーダーに徒党を組んでベクターに立ち向かうのだった・・・

収録カード
シークレット


ビクトリー




スーパーレア











ベリーレア










レア

アンコモン

コモン



      • 制作中

|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|