《ペナルティ・パネル》

ペナルティ・パネル  R  光文明  (3)
呪文
■相手のクリーチャーが自分を攻撃した時、手札のこのカードをコストを支払って唱えてもよい。
■自分の手札を1枚捨てる。捨てたカードの種類によって、次の●能力を得る。
●クリーチャーを捨てた場合、この次のターンの終わりまで、相手のクリーチャーが自分のシールドをブレイクする時、ブレイクしたクリーチャーを破壊する。
●呪文を捨てた場合、この次のターンの終わりまで、自分の手札に加えるシールドカードはすべて「S・トリガー」を得る。
●クロスギアを捨てた場合、この次のターンの終わりまで、自分のクリーチャーは破壊されない。
●城を捨てた場合、カードを3枚引く。

発動時にディスカードを行い、その種類によって様々な効果を発揮するカード。
クリーチャーの場合は《魔聖デス・アルカディア》を彷彿とさせるクリーチャー破壊。シールドは墓地送りにしなくともよい。
呪文の場合は《星龍の記憶》。効果は少しばかり短いものの、後述の効果があるため十分。
クロスギアの場合は破壊耐性の付加。自分のターンに発動した方が効果が大きい。
城の場合は《サイバー・ブレイン》。しかしディスカードをしているので実質的にハンドアドは+1。

そしてこのカードの最大の利点は、相手のクリーチャーの攻撃に対応して発動が可能であるところ。
クリーチャー、呪文の時の効果が確実に発動出来るのが強みとなっている。

作者:仙人掌

フレーバーテキスト

おっと危ない、そこは骨も残らぬ電撃ビリビリパネルだ!!

収録


評価

名前:
コメント:

|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|