《アクア・マテリアル》

アクア・マテリアル P 水文明 (6)
クリーチャー:リキッド・ピープル 2000
このクリーチャーをバトルゾーンに出した時、自分の手札が5枚以上あれば、すべてのプレイヤーは自分の山札を見る。その中からコストが3以下の呪文を1枚選び、山札をシャッフルしてからその呪文をコストを支払わずに唱える。

で登場したリキッド・ピープル
コスト3以下の呪文を山札からノーコストで使うことできるという強力なcip能力を持つ。

プレミアム殿堂入りした悪名高き《蒼狼の始祖アマテラス》の調整版であるが、いくつか変更点がある。
 ◾コストが3以下、呪文のみになって単純に使える種類が少なくなってしまった。
 ◾手札が5枚以上ないと効果を使うことができない。手札が5枚あるころには欲しい呪文が使える状態にあることが多い。
 ◾相手も呪文を使ってしまう。

このように総じて癖があるカードだが、しっかりとした構築であればあまりデメリットは気にならない。使い手を選ぶカードである。
そのため、《蒼狼の始祖アマテラス》が入っていたデッキにそのまま入れ替わることはほとんどないであろう。
しかしリキッド・ピープルであることを生かし、積極的に使っていきたい。

フレーバーテキスト


 知識?そうだね、得るものではなく得られるもの。…わかるかな?---アクア・ハルカス

収録セット

◾作者:Kuron


参考

リキッド・ピープル
◾cip
◾山札
◾見る
◾コスト
◾呪文
◾シャッフル
◾コスト踏み倒し
◾唱える

評価

名前:
コメント:

|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|