ディメンション・エッグ

ディメンション・エッグとは、DMAS-01より登場するカードタイプ。

虹の次元卵  ≡V≡ ゼロ文明 (5)
ディメンション・エッグ
■孵化:いずれかのプレイヤーがコストを支払わずにクリーチャーをバトルゾーンに出した時、このカードをコストの大きい方に裏返す。
(ゲーム開始時、ディメンション・エッグは自身の超次元ゾーンに置き、バトルゾーンを離れた場合、そこに戻す。)
孵化後:《次元虹龍 アルコイリス》

この弾に登場する各種バニラたちのフレーバーテキストによると、異次元から来たクリーチャー以外の存在がクリーチャーに転生する卵のようなもので、孵化するとディメンション・クリーチャーになる。様々な次元からやってきており、水川和巳のような人間だったものも存在する。

大抵の場合、特定のワンダーフッドの効果で呼び出され、そのワンダーフッドの能力が孵化をサポートする形式になる。

ディメンション・エッグそのものは、バトルゾーンにおかれるが、何も効果を発生しない。卵の状態なので当たり前かもしれないが。ただ、ドラグハート・フォートレス同様「カードを選ぶ」系のカードには除去されるので注意。

命名ルールは「〇(色名)の次元卵」。

作者:Orfevre

評価

名前:
コメント:

|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|