《被灰の語り手 氷麗》

被灰の語り手(シンデレラストーリー) 氷麗(つらら) GR(SR) 水文明 (7)
クリーチャー:スプラッシュ・クイーン 6000
■クリーチャーの攻撃で相手が勝利するとき、かわりにこのクリーチャーを手札からバトルゾーンに出してもよい。
■W・ブレイカー
作者:Orfevre

DM@-01にて収録されたグレートカードの1枚。敗北を置換効果で回避する変わった効果を持つ。
その内容はクリーチャーの攻撃中に相手が勝利条件を満たした時、置換効果でこのクリーチャーを踏み倒すことで、相手の勝利を打ち消すことができる。というもの。

攻撃中による勝利であるため、ダイレクトアタックはもちろん、攻撃中であれば《究極銀河ユニバース》などのエクストラウィンも封じることができる。その反面、ダイレクトアタックの場合は場にクリーチャーが並んでいるとこのカード1枚では焼け石に水なことも多々あり、一概に安定の防御手段とは言えないだろう。

後に現実のデュエマでほぼ上位種となる《ボルシャック・ドギラゴン》が出現、類似したスペックだが純粋な汎用性ではあちらが勝る。こちらの勝る点はデッキトップに依存することなく確実に出せることと、エクストラウィンに対応できることくらいだったにもかかわらず、さらに追い打ちをかけるように《ミラクル・ミラダンテ》が出現。もはや汎用性ではとても太刀打ちできなくなってしまった。もっとも、革命0トリガーとは両立も可能なので、あえて両方使ってもよい。

一回の攻撃で複数回勝利条件を満たした場合(《お目覚めメイ様》の攻撃でダイレクトアタックが成立する場合など)も、満たした回数分出せば敗北は回避できる。置換効果は連鎖しないが、それぞれが独立した効果であるため。

攻撃中であっても、常在型のエクストラウィンは防げない。相手のシールドが9枚で場に《光霊姫アレフティナ》と《英霊王スターマン》がいる時にスターマンが攻撃した場合、スターマンのアタックトリガーでシールドが10枚になり、《アレフティナ》のエクストラウィン条件を満たす。10枚になった瞬間に《氷麗》を踏み倒すことができるものの、何らかの方法で氷麗にシールドを減らすcipを与えない限り、登場後の処理のあと、エクストラウィンが成立してしまう。

元々はデュエル・マスターズAMに出張した《氷麗姫サンドリオン》。しかし、このクリーチャーの進化形は《被灰神姫クッサンドリヨン》である。


その後、NDM-05にて再録を果たす。レアリティはスーパーレアとなった。

関連用語


収録



評価

名前:
コメント:

|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|