《夏休みの想い出》

夏休みの想い出 C 自然文明 (3)
呪文
■自分と味方は自身の手札が5枚になるまで、それぞれのマナゾーンからカードを好きな数選び、手札に加える。
作者:切札初那

フレーバーテキスト

夏に、私とウィド君たちで海水浴に出かけた。楽しい海を満喫していたんだけど、津波が押し寄せて溺れそうになった。ウィド君はシグナル119にも連絡してみたらしいけど繋がりが遅くて、緊急事態な上に新たな波も押し寄せていたから代わりにウィド君が飛び込んだ。私はなんとか助かったけど、いつも身に着けている花型ウィンナーのアクセサリを落としちゃったみたい。ウィド君はそれが見つかるまで海の中を一緒に探してくれた。それからしばらく探しているうちに気づいたら夕暮れになっていて、落としたウィンナーは奇跡的に浜辺の方へ流れ着いていた。こうして落とし物は見つかって、私はウィド君のことを本心から好きになった。夏休みが終わったら、絶対気持ちを伝えたい想いが強くなっていった。 ――ウィナの想い出

収録


名前:
コメント:

|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|