《血魂の凶兵ブラッド・ガンヴィート》

血魂の凶兵ブラッド・ガンヴィート R 闇文明 (7)
クリーチャー:デーモン・コマンド 7000
●B・ソウル
■リベンジ・チャンス-各ターンの終わりに、相手がそのターン、カードを4枚以上引いていた場合、このクリーチャーをコストを支払わずに召喚してもよい。
■このクリーチャーをバトルゾーンに出した時、各プレイヤーは自身の手札をすべて捨てる。
■ノーチョイス
[NC]-このクリーチャーが攻撃する時、相手のタップされているクリーチャーすべてのパワーは、このターンの終わりまで-5000される。
■W・ブレイカー
むかしむかしあるところに、B・ソウルというソウルがあったそうな。
各文明に既に1個ずつあったのにも関わらず、闇文明に突如として現れたそれは、当時は話題として挙がったそうな。
しかし、望まれて産まれてきたはずのB・ソウルの軍勢は、発売されてからというもの、
数の少なさ、ノーチョイスの微妙さ、そして何より背景ストーリーでの影の薄さが原因となり、
瞬く間に、人々の記憶から、消えてしまったそうな…

唯一影の濃かったB・ソウルのリーダー、ブラック・ガンヴィートに対し、
B・ソウル達の怨念が憑りついた結果が、コレ。

作者:仙人掌

フレーバーテキスト

観測されるものは存在する。そして、観測されないものは存在もしない。これは、観測されなかったもの達の復讐なのだ。

収録


関連

  • 《終焉の凶兵ブラック・ガンヴィート》
  • 《時空の凶兵ブラック・ガンヴィート》

評価

名前:
コメント:

|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|