《熱血龍 ショード・ラックル》

熱血龍 ショード・ラックル VR 火 3
クリーチャー:ガイアール・コマンド・ドラゴン 6000
■進化―自分の火の、ドラゴンかコマンド1体の上に置く。
■このクリーチャーをバトルゾーンに出したとき、ガチンコ・ジャッジを行ってもよい。自分が勝てば、パワー6000以下の相手のクリーチャー相手のシールドをそれぞれ1つずつ選び、それを持ち主の墓地に置く。
■W・ブレイカー
■自分がガチンコ・ジャッジをして勝ったとき、表向きにした自分のカードを墓地に置いてもよい、そうした場合、そのターン中に墓地に置かれていないカードを、全ての墓地から2枚まで選び、持ち主の山札の1番上に好きな順番で置く。
■このクリーチャーが破壊されるとき、ガチンコ・ジャッジを行ってもよい。自分が勝てばこのクリーチャーは破壊される代わりにバトルゾーンにとどまる。
作者:アズライト

運にもよるが、出すだけでシールドとクリーチャーを破壊し、死ぬときに場にとどまる。ガチンコジャッジに勝てば、だが。

ガチンコジャッジに勝ったとき、墓地のカードを山札の上に持ってくることができる、自分の墓地から高コスト、相手の墓地から低コストを選んで次のガチンコジャッジに勝てるようにするといいかも。

弱点として「コストの低さ」がある。
入れ過ぎるとせっかくのガチンコ・ジャッジ強化なのにこのカード自身をめくるリスクが高くなってしまう。

ショー→昇、ドラ→ドラゴン→竜、ックル→ナックル→拳で「昇竜拳」。「焦土」もかけている。
どこまでも昇るってそれバグ昇竜じゃね?

フレーバーテキスト

ガハハハハ、どこまでも昇っていこうではないか!---熱血龍 ショード・ラックル

収録


評価

名前:
コメント:

|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|