《修羅左神 ベートーベン》

修羅左神 ベートーベン P 無色 (8)
クリーチャー:ゴッド・ノヴァ/ハンター/エイリアン 12000+
■T・ブレイカー
■このクリーチャーをバトルゾーンに出した時、またはこのクリーチャーがゴッドとリンクした時、自分のマナゾーンまたは墓地から無色のカードを一枚選び、手札に戻してもよい。
■左G・リンク(このクリーチャーがバトルゾーンに出る時、「中央G・リンク」または「右G・リンク」を持つゴッドの左側にリンクしてもよい。リンクしたゴッドは、各ゴッドの特性〔パワーや能力〕をすべて持つ1体のクリーチャーとなる。バトルゾーンを離れる時は、その中の1枚を選ぶ)
■このクリーチャーがリンクしている時、相手のクリーチャーが攻撃する場合、可能であればこのクリーチャーを攻撃する。
作者:はんむらび

そういえばなんだけどオラクルの教義って「ゴールデン・エイジとゼニスの闘いの記録」なわけだよな?
アウトレイジはハンターの子孫なわけだけど、「神光のイザナイ ハゴロモ」のフレーバーテキストとか見るに、
オラクル的にもゴールデン・エイジは信仰対象だったのでは?

そうでなかったとしても普通に邪神扱いかなんかで信仰はされる気はするし

cipとリンク時にマナか墓地から無色を回収し、リンクしているとき相手の攻撃対象を固定する。
コストの重さが難点。

フレーバーテキスト

古の教義に語られし、至高神を倒した神。本来復活させるべきでないそれも、オラクルは復活させていた。

関連カード

評価


名前:
コメント:

|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|