シールド・パフォーマンス

■シールド・パフォーマンス-このクリーチャーが攻撃する時、自分のタップされていないシールドを好きな数タップしてもよい。
そうした場合、タップしたシールドひとつにつき1回、以下の(SP)能力を使う。
(タップされたシールドは、シールドをブレイクする時、無いものとして扱われ、プレイヤーへの攻撃を防ぐ事ができない。
タップされたシールドは、自身のターンの初めにアンタップされる。)
SP-○○

作者:minmin

条件を満たした時に自分のアンタップされているシールドをタップする事で起動させる能力。
シールドは何枚でもタップできるので、任意の回数能力を発動できる。
しかし、タップしたシールドは相手の攻撃からプレイヤーを守ってくれないので、全てのシールドをタップした状態で相手にターンが渡るとピンチに。
だが相手のターンさえ乗り切れば、大きくアドバンテージを取った上にタップしたシールドが全てアンタップされるので、見返りも大きい。
まさにハイリスク・ハイリターンなパフォーマンス。

序盤に発動できれば、全てのシールドをタップして一気に5回分発動する事も可能。
相手クリーチャーが1体もいない時は、全シールドをタップしてみるのも悪くない。
だが、S・トリガーやS・バック、スピードアタッカーや進化クリーチャーによって有利な状況から一転してワンキルもあり得る。
このように、全シールドのタップには十分な注意が必要である。

能力名と実際に行う動作が紛らわしいがシールド・タップではない。

関連


|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|