DM-裏DS最終章「極真ラスト・ギグ」

BEFORE:DM-裏DS02「壊天ガイDRILL」
NEXT:DMR-17「革命編 第1章 燃えろドギラゴン‼︎」

ザ=ガーン制作のエキスパンション第三弾にして、「ドラゴン・サーガ外伝」の最終章。20××年○月頃発売。
全62種(?)。パッケージイラストを務めるのはダブルビクトリーのドラグハート・ウエポン《極・大剣「龍世壊」》。龍解前のウエポンがパッケージになるのは今回がはじめてだろう。
この要因としては、トリプルビクトリーである《時空龍覇 アインロセス「鎖」》及びその覚醒後が、実質シークレット扱いだった為と考えられる。

本作は「ドラゴン・サーガ」の外伝にあたるストーリーとなっており、時系列的には「ドラゴン・サーガ」と「革命編」の間になっている。その為、「ドラゴン・サーガ」の登場人物はもちろん、「革命編」のキャラクターやそれに関連するカードが出て来ることも。

今回は森での死闘の後、ボスキャラである《五邪龍覇 U.N.オーエン》との最終決戦の様子などか描かれる。

新種族に、
《反激壊士 ロセスLAST「頂」》のみが持つ「LASTノーカラーズ」

新能力に、
相手のマナゾーンに5文明がすべて揃っていることを条件とする「反多色マナ武装」
相手のマナゾーンにあるドラゴンの数を参照する「反龍マナ武装」
自分のマナゾーンに一定の枚数のカードがあり、なおかつすべて無色であることを条件とする「零ゼロマナ武装」
「龍壊天」の上位能力である「真・龍壊天」
自分のマナゾーンにあるドラグナーの数を参照する「龍覇マナ武装」
「反マナ武装」の最終形である「LAST反マナ武装」が登場。

story


まだ文章としてはまとめていませんが、要約すると、
「オール・オーバー・ザ・ワールドが完成しちゃう前に敵のボスを倒せ」みたいな感じです。

また、すべての元凶が《暗躍の影 ギュウジン丸》?であったことが判明。ロセスたちから文明の力を奪ったウイルスは彼が開発したのものであり、デッドマンを蘇らせたのも実はこいつだったのです。

それと、アイフェちゃんがまさかの復活を遂げちゃいます。


収録カード

シークレット1種


トリプルビクトリー1種


ダブルビクトリー1種


ビクトリー2種


スーパーレア?種


ベリーレア?種


レア?種


アンコモン?種


コモン?種


再録?種

《極真龍魂 オール・オーバー・ザ・ワールド》及びその龍解前。

|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|