《一つのクリーチャーとして》

一つのクリーチャーとして (SR) (無色) (5)
呪文:
■バトルゾーンにある自分のクリーチャーでも封印でもないカードを好きな数選ぶ。そのカードをアンタップした状態でリンクし、一つのクリーチャーとして扱う。(そのクリーチャーのコストはカードの数、パワーはカードの数×1000の数、リンクしているカードの能力全てを得る。)

作者:天ノ者

フレーバーテキスト

クリーチャーではないカードにも意思はある。それを忘れるな。-意思を与える者ライフ·オブ·ア·ライブ-

2/21封印を対象から外しました。


評価

  • 面白い発想ではありますが、これってドキンダムの封印選べば、5ターン目に禁断解放できる上にコスト6パワー6000の裏向きカードのみで構成されたクリーチャーができちゃいますね。 -- minmin (2017-02-20 20:15:26)
  • 本当ですね、ありがとうございます。 -- 天ノ者 (2017-02-21 20:44:48)
  • 普段、バトルゾーンに、クリーチャーでも封印でもない自分のカードってどれくらい並びますかね -- 名無しさん (2017-02-22 23:36:41)
  • サムライデッキならクロスギア並ぶが… -- 名無しさん (2017-02-23 14:20:05)
  • もしかして禁断の鼓動や最終禁断フィールドを選ぶと、封印が付いたままクリーチャー化してしまうのでは?しかも封印されたクリーチャーは無視されるので、禁断フィールドの封印が外れた時の効果が最後の一枚以外無視されますね。それを逆に利用して指定クリーチャーしか攻撃できないとかコスト5以上とか各ターン一枚しか封印を外せないとかの能力を無効化できるのは良いかも。 -- minmin (2017-02-23 18:36:06)
  • そうですね。そんな使い方があるとは… -- 天ノ者 (2017-02-24 20:07:13)
  • クリーチャー化の前例がないから、あまりどうこう言えないけど、クリーチャー化したところでほとんどバニラ同然のシングルブレイカーでしょ -- 名無しさん (2017-02-25 02:09:13)
  • コスト5だからそれくらいでしょう -- 天ノ者 (2017-02-25 15:46:16)
名前:
コメント:

|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|