《ボルバルザーク・紫影・ドラゴン》

ボルバルザーク・紫影・ドラゴン SR 闇 (7)
クリーチャー:アーマード・ドラゴン/サムライ 7000
■ガードマン
■各ターン、このクリーチャーがはじめてタップした時、アンタップする。
■自分のターンの終わりに、このクリーチャーが自分の墓地にあれば、自分のクロスされていないクロスギアを2枚墓地に置いてもよい。そうした場合、このクリーチャーを自分の墓地からバトルゾーンに出す。
作者:V=ε

フレーバーテキスト

彼はあの英雄なのだろうか。しかし、彼もまた自分が何者であったのか忘れてしまっている。

評価

  • ガードマンは自然のイメージが強い -- Orfevre (2017-03-20 00:52:25)
  • "墓地に送る"って言う表現に違和感が。墓地ではないでしょうか? -- 名無しさん (2017-03-20 14:09:24)
  • 連投失礼します。墓地に置く、だとおもいます -- 名無しさん (2017-03-20 14:10:16)
  • コメントありがとうございます。確かに「墓地に置いてもよい」ですね。編集し直します。 -- V (2017-03-20 15:20:36)
  • 長文失礼します。デッキ構築のさいにブロッカーと悩める文明が欲しく、個人的に相性がよいと思うスレイヤーがある闇文明で作ろうと思いました。追伸:自然単色ブロッカー(超神星ビッグバン・アナスタシス)はいますがね -- V (2017-03-20 15:47:50)
  • 闇単色クリーチャーなのですし、ガードマンよりブロッカーで良いのでは? ガンガンチャンプブロックが狙えそうを -- 名無しさん (2017-03-20 19:30:37)
  • そこは私のこだわりです。武士の起こりは平安時代、土地や財産、家族の命を野盗や海賊から守るため"ガードマン"を雇う必要があった(武装した農民)。と、習ったからです。 -- V (2017-03-20 23:31:43)
名前:
コメント:

|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|