ネクロス・クリーチャー

ネクロス・クリーチャー
特殊タイプの1つ。サイキック・クリーチャーやドラグハート・クリーチャーとはやや異なる。デッキ構築のルールで超次元ゾーンに3枚までしか入れられない。

月の涙 メダリオス・ドラゴン SR 水 (8)
ネクロス・クリーチャー:アーク・ドラゴン 12000
■T・ブレイカー
■このクリーチャーがバトルをする時、かわりに相手のクリーチャーを山札の一番下に戻す。
■自分の山札の上からカードを引いた時、引いた枚数まで手札を山札の一番下に戻してもよい。その後、戻した枚数だけ墓地クリーチャーを手札に戻す。
(ゲーム開始時、ネクロス・クリーチャーは山札に含めず、自分の超次元ゾーンに置き、バトルゾーン以外のゾーンに行った場合、そこに戻す)
(ネクロス・クリーチャーはこのクリーチャーの下にあるカードの種族、文明、能力を引き継ぐ。)
憑依前:《魂の欠片~メダリオス~》

進化でないカードでクリーチャーの上に置く初のカード。共通ルールで下にあるクリーチャーの種族、文明、能力を引き継ぐ。上記のカードで例えれば《憑我 ルテン》を下にして置けば、ルテンの種族サムライ/ネクロスを引き継ぐ。また、ブレイクした枚数ドローする効果も引き継げるため、墓地回収のコンボにもなる。ただし、同じ文明のためそこは引き継げない。(ブレイク枚数も合計ではなく、多い方に合わせる。ルテン1に対しメダリオスは3なのでT・ブレイカー)

下にあるカードはこのカードと一体となっているため、直接超次元ゾーンに戻されると下のカードも超次元ゾーンに行ってしまう。

作者:V=ε

評価

名前:
コメント:

|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|