《黄金の大地 コースケ》

黄金の大地(ゴールデン・ガイア) コースケ  reason  自然文明 (8)
ディテクティブ・クリーチャー:ホーン・タウロス/ロジカル 9000
■自分の文明を1つしか持たないクリーチャーを召喚してバトルゾーンに出した時、自分の山札の上から1枚目をマナゾーンに置く。
■W・ブレイカー
■このクリーチャーがバトルゾーンに出た時、名前に《コースケ》とあるコスト4以下の7つ道具を1つ、バトルゾーンまたは自分の超次元ゾーンから選び、横向きにしてこのクリーチャーに装備させてもよい。(自分の超次元ゾーンから選んだ場合は、それをバトルゾーンに出してから装備させる)
■ロジック―このクリーチャーがバトルゾーンに出た時、1つ前のターンに相手が自身のクリーチャーの能力、または呪文の効果を使っていれば、コスト5以下の進化ではないクリーチャーを1体、自分のマナゾーンからコストを支払わずに召喚する。
(ディテクティブ・クリーチャーとのバトルに負けたクライム・クリーチャーは、持ち主の墓地に置かれるかわりに、牢獄ゾーンに置かれる)
作者:ザ=ガーン

フレーバーテキスト



DMDC-02「探偵編 第2章 追跡!バラバラ・ジャック!〜黄の探偵と黒の仁義!〜」収録のディテクティブ・クリーチャーであり、リーズン・カードの1枚。前弾のリーズン2種同様、文明を1つしか持たないクリーチャーに関する能力と、cipによる7つ道具・クリーチャーの装備、そしてロジック能力を持ちます。

自身も文明を1つしか持たないクリーチャーに含まれるので、普通に召喚すれば1ブースト。さらにロジックもマナゾーンから「召喚」して出しているので、自然のみのクリーチャーを選択すればもう1ブーストできます(ロジックの条件かかなり緩いので、コスト4とかでもよかったでしょうか?)。

また、コスト8の自然のクリーチャーなので、《護角主 フィオナ》のアタックトリガーで踏み倒すことも可能。ホーン・タウロスデッキでは真っ先に候補に上がるでしょう。

元ネタは日本が誇る名探偵金田一耕助から(「金」+「田一」→「黄金」+「大地」→「ゴールデン・ガイア」というアホみたいなネーミング)。
原作が割と好きなので、探偵編を思い付いた当初から登場させることに決めておりました。

(4/9)
カードタイプが「クライム・クリーチャー」になっているという酷い誤植に気付き、修正しました。見直し不足ですみません……。

評価

名前:
コメント:

|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|