《傀儡師》

傀儡師 VR 闇文明 (5)
クライム・クリーチャー:オートマタ/トリックスター 4000
■相手のクリーチャーがターン中はじめて攻撃する時、自分のクリーチャーを1体タップしてもよい。そうした場合、そのクリーチャーの攻撃対象を相手プレイヤーに変更する。
■トリック2(このクリーチャーがバトルゾーンに出た時、自分のマナゾーンにあるサイコ・パスを2枚選び、表向きにしてもよい。そうしたら、このターン、このクリーチャーは次の[TK]能力を得る)
TK―次の自分のターンのはじめまで、相手のクリーチャーすべてに「ブロッカー」を与え、相手のクリーチャーはすべて、可能であればブロックする。
(コストを支払ってクライム・クリーチャーを召喚するには、自身のマナゾーンにあるサイコ・パスを1枚以上タップしなければならないない)
作者:ザ=ガーン

フレーバーテキスト



DMDC-02「探偵編 第2章 追跡!バラバラ・ジャック!〜黄の探偵と黒の仁義!〜」収録のクライム・クリーチャー。謎の新種族オートマタ?であり、相手クリーチャーの攻撃先を相手プレイヤーに変更するという特殊な能力を持ちます。
さらにトリック2により、相手のクリーチャーすべてに「ブロッカー」を与え、なおかつ強制的にブロックさせることが可能。1つ目の能力と組み合わせることができれば、相手クリーチャーを操り同士討ちさせるという、まさしく「傀儡師」と呼ぶに相応しいクリーチャーになります。

なお、オートマタたちは自我を持たず、何者かの仕込んだプログラムに従って行動している模様。生き物というよりも完全なる「自動人形」といったイメージです(デスパペットとの違いはこのあたりで、逆に言えばあまり差別化できていないです)。

評価

名前:
コメント:

|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|