DMCY-01「電界編 第1章 襲撃のウェアラブル」

BEFORE:
NEXT:DMDC-02「電界編 第2章」?
エキスパンション制作は初だが、早速シリーズを作ってしまう。そんなYのシリーズ、それは、 電界編(サイバー・ワールド) 。ストーリーは後述。
というわけで始まる電界編(サイバー・ワールド)第1弾。20XX年4月○日発売予定。
パッケージイラストは、《携滞機 ポータブル・ステーション》
機械、ゲームなどに基づいたクリーチャー、カードが登場する。

新種族は、
後述の新能力、ロードを持つ謎の存在、ソフト・ウェアラブル
ソフト・ウェアラブルを従える、まるで親玉ハード・ウェアラブル?
電脳犯罪を取り締まる警察官、テクノポリス?
コモン・アンコモンの計10人からなるチーム、十戦士?
が登場。
基本的に、ソフト・ウェアラブルたちの侵略行為に立ち向かう、というようなストーリーに、十戦士たちが絡んでくる。

新能力は以下のとおり。
ソフト・ウェアラブルが持つ謎多き能力、ロード
手札から払う怪しい裏金、ビット・マネー

電界編のトップレアは、
その名のとおり、 シークレット
シークレットと銘打ってはいるものの、封入率はレジェンド等と変わらず。さらに2枚ある。

story

電脳世界の町の1つ、「パーソナル」。この町の人々は、周りを覆う防御壁《ファイア・ウォール》?によって、外から敵が訪れることもなく平和に暮らしていた。
ある日、《ファイア・ウォール》を破って、たくさんのクリーチャーが侵攻してきた。それにより、町は破壊され、「ウェアラブル」と名乗る彼らはどこかに姿を消した。
それから1年後。場所を移して、ウェアラブルたちの破壊行為は続いていた。この現状を打破すべく、選ばれた10人の戦士たち。彼らは、外界からの敵を退けると言い伝えられる伝説の魔剣、《ヘルブレード》(最終章にて登場予定)の眠る社を目指し、進み始める。

十戦士たちの旅を軸に、物語は進行していく。



収録カード

シークレット2種


スーパーレア?種


ベリーレア?種


レア?種


アンコモン?種


コモン?種


|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|