探偵編 第2章 背景ストーリー

DMDC-02「探偵編 第2章 追跡!バラバラ・ジャック!〜黄の探偵と黒の仁義!〜」の背景ストーリーをまとめたページです。
各話ごとにおまけカードとしてランダムで封入されるという設定。今回はプロローグ+全六話となっています。



探偵編 第2章 プロローグ

「祈りの社」での事件から数週間後。巷を賑わせたルパン逮捕のニュースも次第に鳴りを潜め始めた頃、大都市「ホームズ」の片隅で、新たな事件が幕を開けようとしていた。正体不明の「辻斬り」が、街を彷徨い始めたのだ。
この「辻斬り」に襲われたクリーチャーは、装備していた武器や生やしていた角、翼などを、すべてバラバラにされてしまっていた。この特徴から、いつしか「辻斬り」は、バラバラ・ジャックと呼ばれるようになる。
バラバラ・ジャックの凶行は多くの住人たちを怯えさせた。もっとも、これはまだ物語のほんの序章にすぎないのだが……。

第一話:退屈な日々?

「祈りの社」での事件から数週間後。ルーキは立派な探偵になる為に、ジゴロックの元で修行に励んでいた。が、ここのところ依頼が全く来ず、退屈な日々が続いていたのである。
悩んだ末、ルーキは何か事件が起きていないかと、自分から探しに行くことに。とはいえ例の「辻斬り」以外に目ぼしいものはなく、彼はすっかり途方に暮れてしまう。
するとそこへ、一体のクリーチャーが声をかけて来る。なんでも追っ手から逃げているところであり、匿ってほしいのだとか。彼の頼みを聞き入れたルーキは、さっそくジゴロックの探偵事務所に連れて行こうとしたその時、ある声がそれを引き止める。
「ちょっと待った!その人言ってること、嘘だと思うよ?」
そう言ったのは、大きなトランクを持った旅人風のホーン・タウロスであった。彼に指摘され、逆上した依頼人は本当の姿を見せる。
その正体は、彼はかつてジゴロックに成敗されたはずのオダイカンであった。彼は復讐の為に、ルーキに近付いたのだ。

第二話:さすらいの探偵、コースケ!

正体を露わにしたオダイカンは、隠し持っていたサイコ・パスの力を吸収し、「完全に超悪」なクリーチャー、ゴクアクダイカンへと進化。新たに習得したトリックを発動させ、周囲を巻き込むほどの凶悪な技を繰り出す。このままでは、無関係な住人まで傷付けてしまうだろう。
どうにかしてジゴロックたちにこのことを伝えなければと、考えを巡らせるルーキ。そこへ、ゴクアクダイカンの容赦ない攻撃が襲いかかる。ルーキを救ってくれたのは、先ほどの旅人だった。彼は7つ道具を駆使し、ゴクアクダイカンの攻撃からルーキを庇う。そう、彼はディテクティブ・クリーチャーだったのだ。
「この一撃で解決してみせる!コーちゃんの名にかけて!」
コーちゃんことさすらいの探偵コースケは必殺のロジックを発動。ゴクアクダイカンを捻じ伏せ、見事事件を解決した。
そもそもゴクアクダイカンは連行途中に逃げ出していたらしく、駆け付けたジャスティス・ポリスたちに、今度こそ連行されて行った。
その姿を見送った後、改めてコースケに礼を言うルーキ。すると、彼はジゴロックの元へ案内してほしいと言う。なんでも「辻斬り」について、彼に伝えたいことがあるのだとか。

第三話:黒煙の若頭、ギロ長!

多くのスモーカーたちは、煙魔王の支配下に置かれている。しかし、中には自分たちの意志で徒党を組んで活動する、ヤクザ者もいた。彼らの名は黒煙組。「ホームズ」の街を根城にする彼らは、義理や人情といったいわゆる「仁義」を重んじていた。
そして数日前のある晩のこと。親分ゴロワーズを含む数名の組員が、何者かの襲撃を受ける。ゴロワーズは命を取り留めたものの、他の者は手遅れだった。
現場に残されていた鋭利な斬り跡から、ゴロワーズたちを襲った犯人はバラバラ・ジャックであるらしいことが判明。このことを知った黒煙組の若頭ギロ長は、自分の舎弟などに呼びかけ、バラバラ・ジャックへの報復を誓う。
その際、彼は組に伝わる宝刀キセルを持ち出していた。

一方、コースケから話を聞いたジゴロックたち。どうやら黒煙組はバラバラ・ジャックに対し報復をするつもりらしいのだが、それでは意味がない。牢獄へ送らない限り、クライム・クリーチャーのサイコ・パスは浄化されないのだ。復讐による裁きを阻止する為には、黒煙組よりも先にバラバラ・ジャックを見つけ出し、逮捕する必要がある。ジゴロックたちは、早速追跡を開始した。

第四話:追跡!バラバラ・ジャック!

まずジゴロックが始めたことは、情報収集であった。その為に、彼は街の子供たちで結成された隠密部隊、ストリート・イレギュラーズを招集する。
「こいつらはストリート・イレギュラーズ。まあ、俺の部下みたいなもんだ」
彼らに街の様子を探らせつつ、続いてジゴロックはある人物も元へと向かった。この街一番の情報屋、アイリーンに会いに行ったのだ。彼女はワトソンと同じく、ジゴロックが「ホームズ」に来たばかりの頃からの“腐れ縁”なのだとか。
アイリーンから情報を買い、夜になったところで、ストリート・イレギュラーズからの報告が入る。黒煙組がバラバラ・ジャックと接触し、戦闘を開始したと言う。
これを聞いたジゴロックたちは、ルーキをアイリーンに預け、現場へ急行した。
彼らの帰りを待っている間、アイリーンがルーキに話しかける。
「あの2人は気付いてないようだけど、私の目は誤魔化せないわよ?」
「い、いったい何のことですか?アイリーンさん」
「あなた、本当はおん」
「ち、ち、違いますよ!ボクが女の子なわけないじゃないですか!やだなぁ、もう!」
「……全部自白しちゃってるわよ?」
「……あ」
どうやら、本当は彼ではなく「彼女」であったらしい……。

第五話:仁義VS流儀!

バラバラ・ジャックとの戦闘を開始した黒煙組。しかし、凶悪なシリアルの力の前に、全く歯が立たないでいた。舎弟であるメンソルがどうにか隙を生み出すも、ギロ長はそのチャンスを活かすことができない。気付けば、彼以外の仲間はみな倒れていた。
そこへ、ようやくジゴロックたちが駆け付ける。彼らが加勢すると、バラバラ・ジャックはすぐに逃げ出した。
ジゴロックと対峙したギロ長は、彼らの介入を拒む。
「探偵だか何だか知らねェが、奴ァ俺たちの獲物だ。部外者は引っ込んでな」
「……悪いが、そうもいかねえよ。たとえ部外者だろうが、首突っ込むのが探偵の仕事だ」
追跡をコースケとワトソンに任せ、ジゴロックはギロ長に戦いを挑む。自らの流儀で、歪んだ仁義を叩き直す為に。

バラバラ・ジャックが逃げ込んだ先は、「ホームズ」の街でも最も寂れた区画、ブラックチャペルだった。コースケは自身の7つ道具が超合した姿であるダイダラ・ゴーレム?と共に、猛攻を仕掛ける。すると、ダメージを与えることができたのか、次第にバラバラ・ジャックの姿に変化が現れた。そして、彼の真の姿が露わとなる。
バラバラ・ジャックの意外な正体、それはなんと、最初の襲撃の際に死んだと思われていた黒煙組の幹部、ジタンであった!

第六話:超合!黒き仁王!

ジタンは自らが黒煙組を支配する為に、架空のクライム・クリーチャーをでっち上げ、邪魔者たちを抹殺していたのである。
本性を現したジタン。本来であればギロ長も始末するつもりだったと彼が言った時、ジゴロックたち二人が追い付いて来た。
すべてを知ったギロ長は、改めて彼を倒すことを決意する。そして、彼はここに来て、ディテクティブの力に目覚めた。今度は復讐の為ではなく、道を間違えた仲間を正す為に戦うのだ。
ギロ長の意思を汲み、戦いを見守ることにしたジゴロックたち。夜霧に包まれたブラックチャペルで、二人は全力をぶつけ合った。
戦いはジタンに分があるかと思われたが、ギロ長は諦めない。すると、彼の想いに応えるように、黒煙組の宝刀とキセルが超合。ギロ長は本当の意味で、「若頭」として認められたのである。
闇の超道具・クリーチャーマルボロ・仁王の力を借り、ギロ長は一気に形勢を逆転。そのままジタンを倒し、無事逮捕することに成功した。

かくして、「辻斬り」バラバラ・ジャックの事件は、幕を閉じた。しかし、それも束の間、旧友ソーンダイクの元を訪れたコースケは、大企業「ベーカー財閥」がサイコ・パスの流通に関与しているらしいことを告げる。

一方、ジゴロックもまた、意外な来客を迎えていた。探偵事務所を訪ねて来たのは、なんとレストレードだった。ジゴロックとは犬猿の仲であるはずの彼が、どうしてわざわざやって来たのか。
彼からもたらされたのは、衝撃のニュースだった。
「……ルパンが脱獄した」

(探偵編第3章につづく)

|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|