《神龍聖剣 エグゼカリバー》

神龍聖剣(しんりゅうせいけん) エグゼカリバー SR 火文明 (10)
クリーチャー:ドラゴニュート/ドライブ・バード 9000+
■超無限龍化―自分の火のクリーチャー1体以上の上に置いてもよい。このようにして火のクリーチャー1体以上の上に置かれている間、このクリーチャーは進化クリーチャーとして扱われ、種族にアーマード・ドラゴンを追加する。
■ライド・オンΩ―相手のターンの終わりに、そのターン、自分がコスト5以上のドライブ・バードを召喚せずにバトルゾーンに出していれば、手札にあるこのクリーチャーを、バトルゾーンにある自分の火のクリーチャーをすべて重ねた上に置いてもよい。
■W・ブレイカー
■メテオバーン―自分の火のクリーチャーが攻撃する時、このクリーチャーの下にあるカードを1枚墓地に置いてもよい。そうした場合、それがドラゴニュートであれば、このターン、攻撃している自分の火のクリーチャーのパワーは+3000され、シールドをさらに1つブレイクする。それがドライブ・バードであれば、攻撃している自分の火のクリーチャーよりもパワーの低い相手のクリーチャーを、1体破壊する。
■エグゼス―自分のターンの終わりに、バトルゾーンにあるこのクリーチャーを手札に戻してもよい。そうした場合、このターン、このクリーチャーが相手プレイヤーを攻撃しており、その攻撃をブロックされていなければ、このターンの後にもう一度自分のターンを行う。
作者:ザ=ガーン

フレーバーテキスト



DMDC-03「探偵編 第3章 激突!ジゴロックVSルパン!〜ライヘンバッハの死闘〜」収録のドラゴニュート/ドライブ・バード。専用能力である超無限龍化?ライド・オンΩ?持っており、複数のクリーチャーの上に置きつつドラゴン化します。
踏み倒しの条件は相手のターン中にコスト5以上のドライブ・バードを召喚せずにバトルゾーンに出していることと、かなり厳しめ。召喚以外の方法で出さなければならないので、呪文等でドライブ・バードを踏み倒すなど工夫が必要です。同弾収録の《神龍顕現》と組み合わせれば除去もできるので強力。

また、メテオバーンにより自分の火のクリーチャーが攻撃する時、墓地に置いたカードがドラゴニュートであればパンプアップとブレイク数+1、ドライブ・バードであればそのクリーチャーよりもパワーの低いクリーチャーを破壊することが可能。この時墓地に置いたカードがもう1枚の《神龍聖剣 エグゼカリバー》であれば、両方の効果を使うことができます(勝ちゃんのボルガウルジャックの使い方を意識)。パンプアップすれば除去の範囲も増えるので、決まれば大型クリーチャーも破壊できるかも。

さらにエグゼスによってエクストラターンを狙うこともできます。条件はバーレスクと同じ+ターンの終わりに手札に戻すことなので、そちらよりもややハードルは上がっています。前述のメテオバーンを駆使してブロッカーを蹴散らしつつ、狙ってみると面白いかも知れません(とは言え、オマケ程度に考えた方がよさそう)。

名前の由来はエグゼ(ス)+エクスカリバーから。今さらですが、龍化を持つドラゴニュートの名前はすべて神話や伝説に登場する剣が元ネタとなっています。
また、背景ストーリーでは《炎龍人 エグゼス・ドライブ》《爆隼 グラニ》《グラディアン・レッド・アイ》を護る為にパワーアップした姿の模様。

評価

名前:
コメント:

関連

《甲冑神龍エグゼキューター》
《聖剣炎獣バーレスク》
《炎龍人 エグゼス・ドライブ》
《爆隼 グラニ》

|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|