《熱炎相棒 ワトソン・ハードウィック》

熱炎相棒(ヒートアップ) ワトソン・ハードウィック VR 火文明 (7)
ディテクティブ・クリーチャー:ヒューマノイド 7000
■スピードアタッカー
■W・ブレイカー
■このクリーチャーが攻撃する時、自分の山札の上から3枚を表向きにする。その中にある火のディテクティブ・クリーチャーを好きな数手札に加え、残りを墓地に置く。その後、こうして墓地に置いたカードのコストの合計以下のコストを持つ相手のクリーチャーを、1体破壊してもよい。
■相手のクライム・クリーチャーが破壊された時、このクリーチャーがタップされていれば、アンタップしてもよい。
(ディテクティブ・クリーチャーとのバトルに負けたクライム・クリーチャーは、持ち主の墓地に置かれるかわりに、牢獄ゾーンに置かれる)
作者:ザ=ガーン

フレーバーテキスト



DMDC-03「探偵編 第3章 激突!ジゴロックVSルパン!〜ライヘンバッハの死闘〜」に収録される、2枚目のワトソン。《助手 ワトソン》がパワーアップした姿であり、彼自身もディテクティブ・クリーチャーとなりました。

スピードアタッカーにより即座に攻撃しつつ、山札の上から3枚を見て、火のディテクティブ・クリーチャーを好きな数手札に加えることができます。そして、墓地に置いた残りのカードのコストの合計以下のコストを持つクリーチャーを、1体除去することが可能。あえてディテクティブを全く手札に加えず、除去範囲を広げるのもいいかも知れません。
ただし、カツマスターと違って1体ずつしか除去できません。

また、相手のクライム・クリーチャーが破壊された時にアンタップされるので、アタックトリガーでクライム・クリーチャーを破壊し続ければ連続攻撃も狙えます。山札切れには気をつけましょう。

名前の由来はテレビドラマ『シャーロック・ホームズの冒険』で二代目ワトソンを演じた俳優、エドワード・ハードウィックから。

(5/17)
種族を修正致しました。コピペ元(ジゴロック)と同じままになっていたという……。

評価

名前:
コメント:

関連


|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|