《桃角女仙 セイオウ・クイーン》

桃角女仙(とうかくじょせん) セイオウ・クイーン VR 自然文明 (9)
NEOクリーチャー:ホーン・タウロス 13000
■NEO進化―自分の自然のクリーチャー1体の上に置いてもよい。(クリーチャーが下にあれば、これをNEO進化クリーチャーとして扱う)
■シンパシー:ホーン・タウロス
■このクリーチャーを、自分のマナゾーンから召喚してもよい。
■T・ブレイカー
■このクリーチャーがバトルゾーンに出た時、このクリーチャーよりもコストの小さいクリーチャーを1体選び、持ち主のマナゾーンに置く。
■このクリーチャーを召喚してバトルゾーンに出した時、進化ではないコスト7以下の自然のクリーチャーを1体、自分のマナゾーンからバトルゾーンに出してもよい。
作者:ザ=ガーン

フレーバーテキスト



DMDC-03「探偵編 第3章 激突!ジゴロックVSルパン!〜ライヘンバッハの死闘〜」収録のNEO進化ホーン・タウロス。探偵編では初となるNEO進化クリーチャーの1体です。
他2体と同じく同種族指定のシンパシーを持ち、バトルゾーンに出た時、自身よりもコストの低いクリーチャーを1体持ち主のマナゾーンに置くことができます。自分でも相手でもいいので、除去にもブーストにも使えますね(強制なのが少々ネックですが)。

さらに召喚していれば、マナゾーンからコスト7以下の自然のクリーチャーを1体バトルゾーンに出すことができます。前述のcipでマナゾーンに置いた自分のクリーチャーを出し直すことで、そのクリーチャーのcipを使い回すことも可能。
シンパシー+マナ召喚が可能なので、ホーン・タウロスのデッキであれば出しやすそうです。

名前の元ネタは中国の女神、西王母から。

評価

名前:
コメント:

関連


|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|