《死重奏 オットカール》

死重奏 オットカール UC サイコ・パス(ゼロ)文明 (4)
クライム・クリーチャー:オートマタ/トリックスター 4444+
■マナゾーンに置く時、このカードは裏向きにして置く。(裏向きの時も表向きの時も、このカードはサイコ・パスとして扱われる)
■サイコ・トリック1(このクリーチャーがバトルゾーンに出た時、自分のマナゾーンにあるカードを1枚選び、裏向きまたは表向きにしてもよい。裏向きにした場合、そのカードはマナゾーンにある間、サイコ・パスとして扱われる。表向きにした場合、このターン、このクリーチャーは次の[PSTK]能力を得る)
PSTK―自分の文明を持たないクライム・クリーチャー1体に、スピードアタッカーを与える。
(コストを支払ってクライム・クリーチャーを召喚するには、自身のマナゾーンにあるサイコ・パスを1枚以上タップしなければならないない)
作者:ザ=ガーン

フレーバーテキスト



DMDC-03「探偵編 第3章 激突!ジゴロックVSルパン!〜ライヘンバッハの死闘〜」収録のオートマタ?。今弾から初登場したサイコ・パス文明(という名の無色)を持つカードの1枚です。
新能力であるサイコ・トリックにより、自分の文明を持たない(つまりサイコ・パスの)クライム・クリーチャー1体に、スピードアタッカーを与えます。他の《死重奏》のクリーチャーのトリック能力がどれも攻撃できなければ活かせない物なので、こちらと一緒に出して使いたいところ。同弾のシークレットである《黒死館の死重奏》などで一気に踏み倒しましょう。
また、他にクライム・クリーチャーがいなければ取り敢えず自分自身をスピードアタッカーにすることもできます。

他でも書いてあるように、サイコ・トリックは指定された枚数を裏向きにして、新たなトリックのタネにすることも可能です。

名前の元ネタは小栗虫太郎の「黒死館殺人事件」に登場する四重奏の一人から。

評価

名前:
コメント:

関連


|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|