DMDC-04「探偵編 最終章 開眼!超探偵!〜ハートに火をつけて!〜」


探偵編最終章。20XX年12月△○日発売。
パッケージイラストを務めるのは、《天眼開花 ルーキ・プロビデンス》
収録されているクリーチャーの八割がディテクティブ・クリーチャーまたはクライム・クリーチャーという、偏った内容となっている(と思ったけど、7つ道具とかある時点で「八割」は言い過ぎか)。
背景ストーリーがモリアーティー一味VSディテクティブという構図になっている為、クライム・クリーチャーは1体を除いて、すべてサイコ・パス文明を持つ者のみである。また、多色のディテクティブ・クリーチャーや、ロジカルトリックスターを併せ持つクリーチャーも登場。

新要素として、
《天眼開花 ルーキ・プロビデンス》のみが持つ、超ディテクティブ・クリーチャー
《明察剣銃 ザ・ホームズ・ハート》のみが持つ、超7つ道具・クリーチャー
が 登場。どちらも基本的な扱いは既存の物と変わらない。

新種族に、
モリアーティーにより生み出された「種」の殲滅者、ジェノサイダー
新シリーズに先駆けて収録された、ロイヤル・コード?
が登場。

新能力は以下のとおり。
ジェノサイダーのみが持つ、ジェノサイド
サイコ・パス版のマナ武装である、サイコ・パス武装
ロジックとマナ武装が一体となった、ロジカルマナ武装?
とあるクリーチャーのみが持つ新たなトリックロジカル・トリック?
《犯罪皇帝 モリアーティー》のみが持つ、脱法進化虚空シンパシーパーフェクト・トリック
《ルパンのナイフ〜「ホームズ」を盗め!〜》のみが持つ、超超合
《天眼開花 ルーキ・プロビデンス》のみが持つ、ライト・マイ・ファイアー
最終弾ながら割と新能力が多い。

また、全文明にポリス・ガードが行き渡っている。

今弾もトップレアの仕様はこれまでと同じであるが、枚数の配分が異なる。ウォンテッド1種は変わらず、リーズンが3種となっている。
その為封入率も多少異なっており、《天眼開花 ルーキ・プロビデンス》は確定+残りのリーズンのうち1つ+もう1種のリーズンorウォンテッドorいずれかのシークレットとなっている。


story

ライヘンバッハでの死闘から数ヶ月後。“深淵”から放たれた光に飲み込まれたジゴロックルパンは、依然として行方不明のままだった。残された仲間たちが探偵の帰りを信じて待つ中、とうとう「犯罪の王」の計画が動き出す。果たして、ルーキたちは「ホームズ」の街を護ることができるのか⁉︎
詳しくは、探偵編 最終章 背景ストーリーをご覧ください。


収録カード

シークレット2種


ウォンテッド・カード1種


リーズン・カード3種


スーパーレア7種


ベリーレア10種


レア13種


アンコモン?種


コモン?種


|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|