《虚空の彷徨》

虚空の彷徨 R サイコ・パス(ゼロ)文明 (8)
クライム・呪文
■マナゾーンに置く時、このカードは裏向きにして置く。(裏向きの時も表向きの時も、このカードはサイコ・パスとして扱われる)
■自分の山札を見る。その中からサイコ・パスを持つカードを1枚選び、山札をシャッフルした後、自分の山札の一番下に置く。
■相手は進化ではないクリーチャーを好きな数、自身の手札からバトルゾーンに出してもよい。その後、自分は、その中でコストが一番大きいクリーチャー以上のコストを持つクライム・クリーチャーを1体、自分の手札からコストを支払わずに召喚してもよい。(相手がこのようにしてクリーチャーをバトルゾーンに出さなかった場合、自分の好きなクライム・クリーチャーを手札からコストを支払わずに召喚してもよい)
(コストを支払ってクライム・呪文を唱えるには、自身のマナゾーンにあるサイコ・パスを1枚以上タップしなければならない)
作者:ザ=ガーン

フレーバーテキスト



DMDC-04「探偵編 最終章 開眼!超探偵!〜ハートに火をつけて!〜」収録のクライム・呪文?
効果的にはクライム・クリーチャー版の《イッツ・ショータイム》であり、ついでに山札の下にサイコ・パスを持つカードを仕込むことができます。同弾のウォンテッドである《犯罪皇帝 モリアーティー》など、大型のクライム・クリーチャーを踏み倒しましょう。

名前の元ネタは太宰治の作品集「虚構の彷徨」から。

(6/20)
テキスト修正致しました。

評価

名前:
コメント:

関連

《イッツ・ショータイム》
《犯罪皇帝 モリアーティー》

|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|