《大凶筋 ダブルバイセップス》

大凶筋(だいきょうきん) ダブルバイセップス VR サイコ・パス(ゼロ)文明 (7)
進化クライム・クリーチャー:ビッグマッスル 11000+
■マナゾーンに置く時、このカードは裏向きにして置く。(裏向きの時も表向きの時も、このカードはサイコ・パスとして扱われる)
■このクリーチャーを召喚する時、コストを支払うかわりに、バトルゾーンにある自分のコスト7以上のクライム・クリーチャーを1体選び、自分の山札の一番下に置いてもよい。
■進化―自分のサイコ・パスを持つクリーチャー1体の上に置く。
■このクリーチャーがターン中はじめて攻撃した時、このクリーチャーをアンタップし、このターン、このクリーチャーのパワーは倍になる。
■W・ブレイカー
(コストを支払ってクライム・クリーチャーを召喚するには、自身のマナゾーンにあるサイコ・パスを1枚以上タップしなければならない)
作者:ザ=ガーン

フレーバーテキスト



DMDC-04「探偵編 最終章 開眼!超探偵!〜ハートに火をつけて!〜」収録の進化クライム・クリーチャー。まさかのビッグマッスルであり、踏み倒し能力を備えた脳筋です。
素の状態だとパワー11000のW・ブレイカー持ち進化獣という、なんともいえないスペック。ですがターン中二回攻撃でき、二回目の攻撃時にはパワーが2万を超えます。実質Q・ブレイカーなので、早期に出すことができればなかなか強力そう。

名前の元ネタはボディビルのポーズの1つから。「大凶筋」といっていますが、ダブルバイセップスは本来上腕二頭筋を強調するポーズなのだとか。

評価

名前:
コメント:

|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|