《擬龍探偵 ギデオン・クレイヴ》

擬龍探偵(ぎりゅうたんてい) ギデオン・クレイヴ VR 火文明 (5)
ディテクティブ・クリーチャー:ドラゴニュート 5000+
■龍化―自分の火のクリーチャー1体の上に置いてもよい。クリーチャーが下にあれば、このクリーチャーは進化ディテクティブ・クリーチャーとして扱われ、種族にアーマード・ドラゴンを追加する。
■攻撃中、このクリーチャーのパワーは、自分の墓地にある火のクリーチャー1体につき+1000され、パワーが6000以上の時「W・ブレイカー」を得る。
■メテオバーン―このクリーチャーが攻撃する時、このクリーチャーの下にあるカードを1枚墓地に置いてもよい。そうした場合、このターン、このクリーチャーが相手のシールをブレイクする時、相手はそのシールドを手札に加えるかわりに、すべてのプレイヤーに見せる。その中にある文明を持たないカードをすべて持ち主の墓地に置き、残りを手札に加えさせる。
(ディテクティブ・クリーチャーとのバトルに負けたクライム・クリーチャーは、持ち主の墓地に置かれるかわりに、牢獄ゾーンに置かれる)
作者:ザ=ガーン

フレーバーテキスト



DMDC-04「探偵編 最終章 開眼!超探偵!〜ハートに火をつけて!〜」に収録のディテクティブ・クリーチャードラゴニュートでもあり、龍化能力を持ちます。
龍化させることで即座に攻撃、メテオバーンを使うことが可能。攻撃中のパンプアップ能力とも噛み合っており、無色相手に対しては軽いボルメテのような感じになります。
ボルシャックと違い、バンプアップの条件は「火のクリーチャー」。

名前の元ネタはジョン・ディクスン・カーの推理小説に登場する探偵、ギデオン・フェル博士+アイルランド語で「光の剣」を表すクレイヴ・ソリッシュ(クラウ・ソラス)から。ディテクティブと龍化ドラゴニュート、両方の命名ルールを満たしています。

評価

名前:
コメント:

関連

《ボルシャック・ドラゴン》
《ボルメテウス・ドラゴン》

|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|