《ラスト・アポカリプス》

ラスト・アポカリプス R サイコ・パス(ゼロ)文明 (7)
クライム・呪文
■マナゾーンに置く時、このカードは裏向きにして置く。(裏向きの時も表向きの時も、このカードはサイコ・パスとして扱われる)
■S・トリガー
■バトルゾーンにクリーチャーが6体以上あれば、それらをすべて、裏向きにして持ち主のマナゾーンに置いてもよい。そうしなかった場合、または6体より少なければ、クリーチャーを1体選び、裏向きにして持ち主のマナゾーンに置く。(こうして裏向きに置かれたカードは、マナゾーンにある間サイコ・パスとして扱われる)
(コストを支払ってクライム・呪文を唱えるには、自身のマナゾーンにあるサイコ・パスを1枚以上タップしなければならない)
作者:ザ=ガーン

フレーバーテキスト

長い夜が始まる──


DMDC-04「探偵編 最終章 開眼!超探偵!〜ハートに火をつけて!〜」収録のクライム・呪文?。効果的には選べる《アポカリプス・デイ》or《ナチュラル・トラップ》のような感じです。状況に応じて全体かピンポイントか選択できるのは便利そうですね。

また、破壊ではなくどちらもマナ送りであり、なにげに自分のクリーチャーも選べます。さらにマナにはサイコ・パスとして置かれるので、相手への妨害やわざと自分のサイコ・パスを増やすことも可能。クライム・クリーチャーのデッキであれば、強力なトリガー呪文となるでしょう。

評価

名前:
コメント:

関連

《アポカリプス・デイ》
《ナチュラル・トラップ》

|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|