DMGG-01「エピソード1 トリニティ・ワールド」



概要


ぐりぐらによる拙作オリカ・エキスパンションシリーズ(DMGGシリーズ)の第1弾。
テーマは『繋がり』。その中でも特に『一色+その友好色二色からなる三色』と『ソウル』を軸とする。
一色+友好色二色からなる五種類の組み合わせにそれぞれ新たなソウルが設定されており、本弾に収録されているすべてのクリーチャーがそれらのソウルのいずれかに属している。


主な追加要素


  • 五つの新たな「ソウル」が登場

  • 各ソウルにそれぞれ固有のキーワード能力が存在



story


前の戦乱から百幾年…。再び平穏を取り戻していた世界に、またも大いなる異変が訪れた。

ある時、自然文明の領域に突如として出現した謎の古代遺跡。
正体不明のその遺跡に訪れた調査隊が最深部で目にしたもの、それは遥か古えの文字と紋様が刻まれた『虹色の碑石』であった。
そして隊員の一人がその碑石に触れた瞬間、碑石はまばゆい光を放ち、その光の中から五体のドラゴンが姿を現した。

エルダー・ドラゴン』――この世界のすべての生命の始祖であるとも言われる、伝説の祖神龍。

彼らはその姿を現すや否や、遺跡を内部から破壊して上空へと飛び上がり、その後数日間にわたって激しい戦いを繰り広げた。
だがしかし、壮絶な戦闘の末にも決着はつかず、祖神龍たちはそれぞれに世界の各地へと飛び去っていってしまった…。

それから数年後…。その僅かな年月の間に、強大な力を持つ祖神龍たちの手によって、世界の大半は5つの勢力に分けられていた。

『永遠』を謳う天上の楽園。

『神秘』に包まれた謎多き教団。

『無慈悲』が蔓延る暗黒の地下帝国。

『憤怒』に駆られし脅威の軍団。

そして、『勇気』を胸に起ちあがる戦士たち。

果たして、この世界はどこへと向かっていくのか?そして、祖神龍たちの真意とは?
すべてが謎に包まれたまま、新たなる『変革』が始まろうとしていた……。



収録カード

スーパーレア 10種類


ベリーレア 10種類


レア 30種類


アンコモン 30種類


コモン 40種類


|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|