《魔将姫タキヤシャ》

魔将姫タキヤシャ SR 闇文明 (7)
クリーチャー:ダークロード 5000
■このクリーチャーが攻撃する時、バトルゾーンにあるクリーチャーを2体選んでもよい。そうした場合、選んだクリーチャー同士でバトルさせる。
■このクリーチャーの能力でバトルして負けたクリーチャーいずれか1体より、コストの小さいサイキック・クリーチャーを1体、自分の超次元ゾーンからバトルゾーンに出してもよい。

フレーバーテキスト


収録


大幅に内容を変更。
《爆竜トルネードシヴァXX》の様に、攻撃宣言時、バトルゾーンにある自分と相手のクリーチャーの中から2体を選び、強制的にバトルさせる能力をもつ。
更に、こうして強制バトル持ち込んだクリーチャー2体のうち、負けた方よりコストの低いサイキックをバトルゾーンに出せるオマケつき。
「いずれか」とあるのは、相打ちの場合、ルール上、両方とも「バトルに負けた」扱いである為。
また、相手のスレイヤー能力などで、バトルに勝った後に破壊されるクリーチャーはコスト参照の対象にはならない。あくまで「負けた」クリーチャーのみが参照対象である。
どちらか一方に《太陽の精霊マルシアス》や《無敵城シルヴァーグローリ》がある場合、ある程度の覚醒後サイキックでもそのまま出せる可能性がある。

モデルとなるのは平将門の娘「滝夜叉姫」である。

作者:焼きナスオ

評価

名前:
コメント:

|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|