《超次元の星域ステラホール》

超次元の星域ステラホール C 自然文明 (3)
呪文
■バトルゾーンにある自分のクリーチャーを1体、自分のマナゾーンに置いてもよい。そうした場合、バトルゾーンにある自分のサイキック・クリーチャーを1体選ぶ。選んだサイキック・クリーチャーと覚醒リンクが可能な、自分のマナゾーンにあるカードの枚数以下のコストのサイキック・クリーチャーを1体、自分の超次元ゾーンからバトルゾーンに出す。

フレーバーテキスト


収録


バトルゾーンにある自分のクリーチャー1体と、サイキックを入れ替える超次元呪文。
出せるサイキックは「マナゾーンの枚数以下のコストで、しかも自分の場のサイキックと覚醒リンク可能である事」が条件であり、覚醒編などに登場した単体サイキックには使えず、なんとしてでも覚醒リンクのパーツを揃えたい時以外、使いどころに悩みそうである。

「覚醒リンクが可能な」とは、バトルゾーンに出したときに覚醒リンクが発動できるといった意味ではなく、
選んだクリーチャーと出すクリーチャーが、裏面に同一のサイキックスーパークリーチャーのサイキックセルを持ち、かつ表面は同名クリーチャーではない事を指し、
また、3体リンクのパーツの場合でも、選ぶクリーチャー・出すクリーチャーのいずれかがキーワード能力としての「■覚醒リンク」を有しているかどうかも問われない。
以下にいくつか凡例。(いずれの例もマナゾーンのカードの枚数の条件を満たしている場合)

  • バトルゾーンにある自分の《ブースト・グレンオー》を選んだ場合、この呪文の効果で出せるのは《ガイアール・カイザー》または《ドラゴニック・ピッピー》のいずれか1体

  • バトルゾーンにある自分の《ブースト・グレンオー》を選んだ場合で、自分の超次元ゾーンに《ドラゴニック・ピッピー》はあるが、バトルゾーンにも超次元ゾーンにも《ガイアール・カイザー》が無く、物理的に覚醒リンクが達成不可能な場合でも、《ドラゴニック・ピッピー》を出すことは可能。

現在のカードプールでは数が限られる為、あまり無いかもしれないが、
どのサイキックの組み合わせがリンク可能か、お互いのプレイヤーがちゃんと把握していないとトラブルの種になりそうなカードである。

選ぶサイキックや出せるサイキックが無い場合でも、取り敢えず場のクリーチャーをマナに置く部分の効果だけは使用可能。

作者:焼きナスオ

評価

名前:
コメント:

|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|