起動

起動は、DMB-01 「メサイアの西線」で登場した、「この効果は自分のターン中、自分のクリーチャーを召喚できる時にのみ使うことができる。」と書かれた、コストを支払って発動する能力をキーワード化したもの。
マナ・コストが必要な場合も、「○○文明のカードをX枚タップする」という表記から、「○○文明×X」と表記されるようになった。

ラグエルの飼い狼 UC 光文明 (5)
クリーチャー:シルバー・ウルフ 4500+
■自分のマナゾーンにある光のカードを1枚タップする:このターン、このクリーチャーのパワーは+1500される。この能力は自分のターン中、自分がクリーチャーを召喚できる時に使うことができる。
■パワーが6000以上の時、このクリーチャーは「W・ブレイカー」を持つ。

グレムリンの大師先 火文明 (5)
クリーチャー:グレムリン 3000
■起動-火×3、このクリーチャーをタップする:コスト6以下のグレムリンを1体、自分の手札からバトルゾーンに出す。
■バトルゾーンにある自分の他のグレムリンはすべて、パワーを +2000される。

エラッタ以前と同じく、自分がクリーチャーを召喚するタイミングでしか、発動できません。

コストを支払えるなら、何度でも使うことができます。

関連


|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|