DMW-23 「テンプレア編I ヴァリアントの召喚」


アルケミア編からストーリーが繋がった新シリーズ「テンプレア編」の第1弾。
パッケージイラストは《超竜覇神<U>・アルティメット・サーガ》《ミッシング V・ミスター 10000》

テーマは多色vs単色vsゼロ。
文明と種族の混同・混成が始まり、文明という垣根を越えた戦いの始まりを示唆している。
ついでに進化サポートが豊富。
加えて、山札の上からクリーチャーをバトルゾーンに出すというコスト踏み倒しが異様に多い。スーパーレア・クリーチャーでこれに類似した能力を持たないのはゼロ文明のトップミスターだけである。


新たな進化手段としてヴァリアブル進化が登場。


story

《ハイエスト・ミスター 000》率いるトップミスターの軍勢に、〈レオン・アース〉は壊滅させられた。
そして彼らが消えていったのは「時空の渦」の向こうであった。
「時空の渦」とは、トップミスターが様々な多層世界を渡り歩く際に発生する、歪曲した次元の接点である。
〈レオン・アース〉の生き残りは、少数精鋭部隊を結成してその渦に乗り込む。これが勝ち目のない戦いであることを知りながら、なおも復讐のためだけにトップミスターを追いかけた。
すると、「時空の渦」に繋がる様々な次元の向こうから、彼ら部隊に加勢しようとする軍勢が現れる。またたくまに数を増した彼らの存在を察知したのか、トップミスターは「時空の渦」を強引に遮断する。
しかしそれが間に合わず、渦の中で大きな変異を遂げ「ヴァリアント」となった彼らの侵入を、トップミスターは許してしまう。
その世界は、大城〈テンプレア〉を基盤に広がる、巨大な城砦型大陸であった。


収録カード

シークレット1種類


ビクトリー3種類


スーパーレア7種類


ベリーレア10種類


レア30種類


アンコモン30種類


コモン40種類




関連


|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|