DMAD-06 「変形デッキセット DX鬼ダイナモ」

焼きナスオの作る構築済みデッキシリーズ、アナザー・エクストラ・デッキのひとつ。

その名のとおり、DM-19にて登場した一部のハイブリッド種族が持つ特殊能力ダイナモをテーマとしたデッキセット。
各20枚のハーフデッキ3組から成る全60枚セットで、スリーブ60枚とデッキケースが同梱されているらしい。
基礎となる共通パーツ20枚に残る2組のハーフデッキのいずれかひとつを組み合わせることで、2通りのデッキを構築することが出来る。
マナ数の左横に2色に塗り分けられた電池のようなシンボルが書かれており、ゲーム中にシャッフルしても、どのカードがどのハーフデッキに収録されていたのか、ひと目で区別がつくよう、工夫が凝らされている。


共通パーツの収録カード(◎=アルトアート仕様)

■ベースセット 枚数
■水文明 (7)
《電脳鉄人センジュオー》(VR) 2
《エナジー・ライト》 4
《スパイラル・ゲート》(殿) 1
■自然文明 (10)
《超神星ウラヌス・ナインテイル》(SR) 2
《食いしん坊チャロック》 2
《鼓動する石版》 4
《雪要塞 ダルマンディ》◎ 2
■水/自然文明 (3)
《生命と知恵の果実》(新規) 3

ドローやマナブーストなど序盤を固める基本的なカードと、センジュオーやウラヌスなど終盤の決め手となるカードが収録されている。
内容はほぼ公式カードの採録で占められ、唯一の新規カードである《生命と知恵の果実》も序盤の地固め的なカードである。

共通パーツであるこのセットにメカオーの《電脳鉄人センジュオー》とドリメの《食いしん坊チャロック》が含まれる為、いずれの組み合わせでもメカオーのみドリメのみといった構築ができないのが、多少もどかしい。

《超神星ウラヌス・ナインテイル》はE1以降の新フレームかつ惑星型フェニックス専用デザインだったら個人的に嬉しい。


グレート・ダイナモデッキの収録カード(◎=アルトアート仕様)

■収録カード 枚数
■光文明 (12)
《太陽光機ペトリオン》(新規・SR仕様) 2
《光速機動ベロシティオン》 2
《電脳ロボ・ダイクラッシャー》◎ 2
《装光機兵トメルトン》 4
《フラッシュ・コミューン》 2
■水文明 (7)
《採掘マシン・ドリサイクル》(新規) 3
《脱出機兵ダッシュ・ツヴァイ》(新規) 4
■光/水文明 (1)
《魂と記憶の盾》(殿)(VR) 1

光と水のグレートメカオーを中心としたダイナモデッキ。
軽量ブロッカーで《雪要塞 ダルマンディ》を守りつつ、《光速機動ベロシティオン》によるブロッカーの攻撃制限解除、《太陽光機ペトリオン》による更なるパンプアップで場を制圧できたらいいなというのがコンセプト。
除去手段が主にタップキルな割りに相手をタップさせる手段が《フラッシュ・コミューン》2枚と乏しいので、改造するならそのあたりか。

ドリーム・ダイナモデッキの収録カード(◎=アルトアート仕様)

■収録カード 枚数
■火文明 (14)
《火吹き角のスタグー》(新規) 2
《二枚舌のガララ》(新規) 2
《血気盛んなヒグマっち》 3
《早食王のリンパオ》◎ 4
《火炎流星群》 3
自然文明 (6)
《美角の姐御ライノさん》(新規・VR仕様) 2
《力自慢ボンバイソン》 2
《心優しいホワイトベアっち》 2

火と自然のドリームメイトを中心としたダイナモデッキ。
ダイナモの割りにパワーの高い《心優しいホワイトベアっち》による攻撃誘導で凌ぎ、《火吹き角のスタグー》《血気盛んなヒグマっち》あたりで《美角の姐御ライノさん》の踏み倒し能力をサポートする。
ブロッカー破壊はまずまずの枚数が積まれているものの、いずれも除去できるパワーに上限が設けられているため、改造するならそのあたりだろうか。

両デッキに言える事だが、バラして4cに組み直した方が使えそうとか考えてはいけない。

関連


作者:焼きナスオ

評価

名前:
コメント:

|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|