パラレルエピソード1背景ストーリー

該当弾



DMP-01「パラレルエピソード1 コラプス・ワールド」

五文明が力を合わせて、《最凶の覚醒者デビル・ディアボロス Z》を打ち倒し、世界は平和を取り戻した。平和を記念してサムライナイトが集まり、第百一回戦国武道会が開催されようとしていた。しかし、その平和は長くは続かなかった。
超次元の奥には、エイリアンが住むパンドラ・スペースがあった。第百一回戦国武道会開催日に、《メタルカオス・武蔵・ドラゴン》?は「Z?一族は我々が裏操っていた」と語る異形者、エイリアンによる襲撃を受けた。彼らは覚醒を大きく超えた覚醒リンクを使い、地底から生まれた邪悪な竜《地底竜フォース・デビルドラゴン》を筆頭に侵略を開始。ナイト達は覚醒の力抗ったが、まるで歯が立たなかった。
しかし、エイリアンには誤算があった。《地底竜フォース・デビルドラゴン》が登場した地底から、《神核アーク》とともに、神花?と呼ばれる超巨大植物が現れたのだ。神花?は古代の軍勢を復活させ、地上を侵略するためにエイリアンと地上のクリーチャー達へ苛烈な攻撃を開始。
エイリアンからの襲撃で傷を負ったクリーチャーは、なぜか傷が治らず、傷口は光を発し、その傷によって新たな力を得たものもいた。これらのクリーチャーは壊滅した超獣世界を前にエイリアン神花?率いる古代の軍勢への反撃を誓い、ハンターと呼ばれるようになった。
ハンターの傷口からは光る武器が生まれ、ハンター達はその武器を手に取り、立ち向かった。
またサムライハンターの連合軍は覚醒リンクの仕組みを探るために《メテオ・一鉄・ドラゴン》?等5体のクリーチャーをエイリアンの基地に送り込んだ。
一方ナイトも、サムライに後れをとらないために《天雷の龍聖霊イエスⅨ世》?等天雷の騎士達をエイリアンの基地に送り込み、《氷牙皇ナポレオンⅠ世》?を筆頭とした氷牙の精鋭騎士達をパンドラ・スペースに送り込んだ。





関連


|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|