《星見魚》

星見魚(スターゲーザ・フィッシュ) C 水文明 (8)
クリーチャー:フィッシュ 7000
■シンパシー:フィッシュおよびリヴァイアサン(このクリーチャーを召喚する時支払うコストは、バトルゾーンにある自分のフィッシュまたはリヴァイアサン1体につき1少なくなる。ただしコストは1より少なくならない)
■このクリーチャーをバトルゾーンに出した時、バトルゾーンにある自分のフィッシュ1体につき1枚、カードを引いてもよい。その後、バトルゾーンにある自分のリヴァイアサン1体につき1枚、カードを引いてもよい。
W・ブレイカー
作者:焼きナスオ

魚版ドルゲーザ。
あちらと比べ単色になった分パワーが低下し、更に単種族化した為にcipのドローで自身を1ドロー分しかカウントできなくなった。
シンパシー対象は頑張って2種族分確保している。
長年一位の座に君臨していた《流星魚α》を抑え、堂々の最重量フィッシュである。(2012年12月現在)

フレーバーテキスト

  • DMAX-03
    海の底から空を見上げたまま、気の遠くなる程の年月を過ごし、その間、何千、何万という星の生死を見守り続けた星見魚は、ついに真理にたどり着く。「自分は、魚である」と。

収録


評価

名前:
コメント:

|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|