※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

狙撃事件がきっかけで海坊主と邂逅した真希。海坊主に父と同じニオイを感じ取る。日曜日にはウィーン音楽祭最優秀賞受賞記念コンサートを控えており、父が唯一遺したバイオリンで弾く曲は、海坊主の部隊で死者が出た際に氷室剛司が弾いていた鎮魂曲であった。思わず涙する海坊主。

スネークからの殺害予告。日曜日の晴れ舞台を狙うとのこと。一度目は撃退する海坊主だが、屋上での対決では弱点である「猫」をけしかけられて万事休す。そこへ現れる冴羽。スネークを懲らしめて事件は解決。後日、冴羽の作戦で真希と二人きりになる海坊主。全てを知った真希、留学してしまうと日本にいつ帰れるか分からなかったが、目的を果たし心おきなく日本を発つ。

前話から続く前後編の完結編。女の勘なのか、海坊主を「足ながおじさん」では?と感じてしまう真希。しかしそのニオイは父と同じものでもあり、冴羽と同じものでもあった。それぞれの共通点は「(元)傭兵」ということで間違い無いが、アーティスト独特の研ぎ澄まされた感性を持つ真希には、それらに共通する「何か」を敏感に感じ取ったのだろう。

氷室剛司の形見であるバイオリンを偶然見つけてしまった海坊主。思わず抱きかかえてしまうが、真希に見られてしどろもどろ。そのバイオリンで演奏される鎮魂曲に、傭兵時代の記憶を甦らせ涙する海坊主。この出来事に加え、海坊主の本名が「伊集院隼人」であること、そして「隼」から「ファルコン」を連想することで、真希の頭の中に「足ながおじさん」の答えが出ることに。暗にその図式を仄めかした冴羽の行動も心憎い。

さて暗殺者・スネークだが、海坊主とは腕の差が歴然。しかし猫を使って海坊主の動きを封じることに成功する。弱点を突くのは戦いの常套手段だが、あまりに情けなくないか?ちゃっかり漁夫の利を得てヒーローしちゃう冴羽。一方の海坊主、小猫にまとわり付かれて失神するあり様……。

冴羽の作戦で海坊主と二人きりのコンサートを開く真希。一度は断る海坊主だが、ウィーンへの留学が決まっており、日本へはいつ帰れるか分からない。更に本名で呼ばれてしまい止む無く、真希の日本での「最後の演奏」を聴くことになる。さすがに、父親が傭兵(人殺し)であったことは言えなかったが、真希はそれでも自分自身の演奏で恩返しをすることができ、短い日本滞在のうちに「足ながおじさん」に会いたいという想いが遂げられたことで、心おきなく日本を発つのであった。

原作

「海坊主からの依頼」「スネーク現る!」「ラスト・コンサート」

セリフ

真希「実はあの探偵さん、初めて会った気がしないんです。父と同じニオイがするんです。上手く言えないんですけど、体から発散するものが、同じような……。でも、冴羽さんもなんです。あなた方からは、他の人と違うようなニオイが……」

真希「伊集院隼人……隼?隼……ファルコン!?」

海坊主「親父さんの夢だった……真希が一流のバイオリニストになることが。十分大人になったとき、全て語ろう」

次回予告

香「500円で三人やっつけろ!?何だ、子供の悪戯電話か」

冴羽「いや、れっきとした依頼なんだなあ。ユカちゃんの大好きな絵本作家・村越さおりを助けて、っていう」

香「へえ……」

冴羽「彼女、自分の名前で本が出せないんだ。悪どい出版社に脅迫されて」

香「気の毒に……でも、たった500円で獠が動くの変ね」

冴羽「どきっ!」

香「さてはさおりさんって美人なんだな!?」

冴羽「シティーハンター『依頼料は500円!?メルヘン美人は獠好み』」

香「絶対見てね!」

キャスト

冴羽獠:神谷明/槇村香:伊倉一恵

真希:島本須美/海坊主:玄田哲章/スネーク:秋元羊介/男:梅津秀行/男たち:梁田清之、西尾巧/女たち:矢崎えりい、林玉緒

スタッフ

構成 こだま兼嗣
絵コンテ こだま兼嗣
演出 山口美浩
作画監督 北原健雄
原画 西村誠芳/木口寿恵子/斉藤良子/中野美佐緒(*1)/遠藤栄一/山内貴美子
動画 山本みどり/島田悌三/四本忠司/川島由美子/たくらんけ/スタジオ MAY
動画チェック 石井康雄
色指定 横田政一
仕上 スタジオ九魔/米村貞子/奥野孝一/公平保之/岩沢れい子
特効 千場豊(マリックス)
背景 スタジオ・イースター/矢島洋一/北川晴美/清水隆夫/南沢貞子/影山誠哉
撮影 旭プロダクション/長谷川洋一/末弘孝史/福田寛/土岐浩司
編集 鶴渕映画
タイトル マキ・プロ
効果 松田昭彦(フィズサウンド)
整音 大城久典
音響制作 オーディオ・プランニング・ユー
録音スタジオ A・P・Uスタジオ
現像 東京現像所
メカニカルデザイン 明貴美加
設定 秋山浩之
制作助手 渡辺葉子/佐藤あさみ
制作進行 南雅彦
文芸 外池省二
製作担当 望月真人

*1: 阿部美佐緒