※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

麗香が警察を辞めたのは、暴力団と癒着し押収した麻薬を横流しする警察関係者を洗い出すためだった。そして、冴羽と麗香を狙撃したのは警視庁きっての銃の名手で、オリンピック金メダリストの深町警部。深町は再度麗香を狙うも冴羽に阻止されて失敗し、何者かによって消されてしまう。

深町が今わの際に口にしたのは、黒川警視正麻薬官の名前だった。黒川は麗香と冴羽たちを罠に嵌め、麻薬密輸犯に仕立て上げ投獄。黒川は麗香を取調室にて射殺せんとするが、その取調室には冴羽たちの反撃の罠が……。

冴羽と深町の対決シーン、「FOOTSTEPS(歌:北代桃子)」。黒川警視正逮捕を告げる新聞記事からエンディングまでのシーン、「砂のCASTLEのカサノヴァ(歌:北代桃子)」。

新聞記事内における友村刑事のフルネームは「友村高男」。また、野上麗香の年齢が「(二?)」となっている。寒いギャクが無駄に多い。

麗香前後編の後編。事件は警察関係者を黒幕として、冴羽たちが逮捕されるにまで至る。警視庁きっての銃の名手でオリンピック金メダリストという、とんでもない刺客が冴羽たちを狙うも、彼はあくまで表のプロ。冴羽に言わせれば「素人」であり、いとも容易く退ける。冴羽がどうしてこのマンションに住んでいるのか、という理由付けも明らかとなるが、その割には、今後の話でいろいろと狙われるのはなぜ……?

さて、警視庁の大幹部が黒幕として立ちはだかり、冴羽たちは絶体絶命……と思いきや、案外そうでもなかったり。麗香にわざと銃を所持させ、取調室での正当防衛として麗香の口を封じるつもりの黒川であったが、取調室が密室であることに油断してか、その前に自らの罪をベラベラと喋ってしまう。ところが、冴羽が予め取調室に設置した隠しマイクが警視庁の放送室に繋がっており、警視庁内全職員に悪事が筒抜けという痛快な自爆ぶりで事件は解決。友村の疑惑も晴れ、家族にも明るい笑顔が戻るのだった。

原作

「越してきた女」「動き出した犯人」「ラブラブ大作戦!」「ジェラシー寸前」

セリフ

冴羽「俺は考え無しにこのマンションに住んでる訳じゃないんだぜ?お前みたいな奴が、ここを狙えるビルは、そこしか無いんだよ!……それが出来るのさ。俺は不可能を可能にする男なんだよ。……おたく、オリンピックか世界一か知らんが、所詮は素人。悪いが、俺はプロの世界一なんだ」

黒川「野上麗香に冴羽獠……この私が葬ってあげよう。ふっふっふっ……合法的にね」

香「気をつけろ そのモッコリが 命取り」

次回予告

冴羽「毎日のように痴漢に狙われるなんて、贅沢な悩み」

香「ああ~、この子、夢野詩子じゃない!トマトカーニバルの」

冴羽「何じゃそれ?」

香「今ベストセラーの恋愛短歌集よ。でも異常よね、毎日だなんて」

冴羽「そんなときゃ、痴漢捕まえ口を割らせろ聞けばホクロを探してるとか~」

香「よっ、ヘタクソ!」

冴羽「ブー!」

香「詩子さんに笑われちゃうね」

冴羽「シティーハンター『女心のクッキー記念日 胸ボクロと初恋の唄』」

香「絶対見てね!」

キャスト

冴羽獠:神谷明/槇村香:伊倉一恵/野上冴子:麻上洋子/麗香:鷹森淑乃

黒川:田中康郎/大空組長:飯塚昭三/深町:山寺宏一/友村:秋元羊介/未亡人:鈴木れい子/誠:深見理佳(*1)/警官A:島沢弘隆(*2)/警官B:梁田清之/子供A:水原リン(*3)/子供B:矢崎えりい

スタッフ

脚本 遠藤明範
絵コンテ 江上潔(*4)
演出 江上潔(*5)
作画監督 谷口守泰
原画 逢坂浩司/野中幸/小森高博/小川瑞恵
動画 網野佳子/春日久美子/四本忠司/アニメ・アール/スタジオ ムサシ/スタジオ 夢民
動画チェック 石井康雄
色指定 千葉賢二
仕上 スタジオ・ボギー/岡本直子/石丸好美/小川澄子/福島友子
特効 千場豊(マリックス)
背景 獏プロダクション/本田修/本田利恵/中原英統/平川栄治/西村康浩/服部一広
撮影 旭プロダクション/長谷川洋一/末弘孝史/福田寛/土岐浩司
編集 鶴渕映画
タイトル マキ・プロ
効果 松田昭彦(フィズサウンド)
整音 大城久典
音響制作 オーディオ・プランニング・ユー
録音スタジオ A・P・Uスタジオ
現像 東京現像所
メカニカルデザイン 明貴美加
設定 秋山浩之
制作助手 渡辺葉子/佐藤あさみ
制作進行 藤本容伯
文芸 外池省二
製作担当 望月真人

*1: 深見梨加

*2: 茶風林

*3: 真山亜子

*4: えがみきよし

*5: えがみきよし