※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

シティーハンター3

概要

1989.10.15~1990.1.21放映。全13話。

よみうりテレビ・日本テレビ系列にて毎週日曜日の19:00~19:30にかけて放送された。

初作『シティーハンター』が51話で最終回を迎えた後、間髪入れず翌週より放送された『シティーハンター2』も非常に好調で、延長に延長を重ねて全63話を放送するまでに至った。

そこから3ヶ月のインターバルを経て製作された本作は、メインスタッフ(監督のこだま兼嗣、演出の青木悠三(港野洋介)、キャラデザインの神村幸子、総作画監督の北原健雄)のメンバーこそこれまでのシリーズを引き継いでいるものの、キャラクターデザインに若干の変化を加え画的なマンネリを防ごうとした跡が見られる。特に、冴羽の衣装がこれまでの「赤のシャツに青のジャケット、黒のパンツ」といったスタイルから、「黒のシャツにアイボリーのジャケット、白のパンツ」といった清潔感のある衣装に変更となった。また作画面においても、北原、神村ラインの作画修正ではあるが、原画に参加するメンバーの個性を尊重する形での修正に留まっている感がある(1話、2話など)。

これまでの長期化した話数ではなく、今回は1クール(13話)で完結。次回作『シティーハンター'91』まで1年と3ヶ月の充電期間に入ることとなる。

オープニングアニメ

絵コンテ:森本晃司/演出:今西隆志/作画監督:北原健雄/原画:森本晃司、沖浦啓之、大平晋也

小室哲哉が歌う「RUNNING TO HORIZON」に合わせて展開されるスピーディなオープニングアニメーション。従来オープニングを担当してきたこだま兼嗣、青木悠三(港野洋介)といったメンバーではなく、シティーハンターシリーズ初参加となる森本晃司が絵コンテと原画に抜擢された。演出には初期シリーズから参加している今西隆志を起用。作画監督は作品の責任上、総作画監督である北原健雄が担当してはいるものの、動きの部分などではさほど修正が加えられていないようにも見える。

狙われた香がヘリに追われて激しく動くのに対し、余裕を見せている冴羽の表情や動きの対比が、静と動のバランスを表現している。その二人が合わさったとき、香を追っていたヘリは冴羽のマグナムによって破壊され物事が解決するという見事な構成。部屋を後にする二人が扉を閉めるところで終わらせているのも、余韻を持たせていて非常に気持ち良い。

各話タイトル

  1. 脱モッコリ宣言!XYZは世界を救う
  2. 天下の恋愛現行犯!美人弁護士をくどく法
  3. 香もプッツン!獠と令嬢“代打結婚物語”
  4. 危ない探偵ごっこ!お嬢さんにパイソンを(前編)
  5. 危ない探偵ごっこ!お嬢さんにパイソンを(後編)
  6. がんこな海坊主!ジェラシー子猫物語
  7. 恋はダイビング!美女が水着に着がえたら
  8. 獠って何者?女子大生もスリルにメロメロ
  9. 雨のち晴の恋予報!美人キャスターに愛の傘
  10. クリスマスにウェディングドレスを・・・(前編)
  11. クリスマスにウェディングドレスを・・・(後編)
  12. グッバイCITYさよならの贈りもの(前編)
  13. グッバイCITYさよならの贈りもの(後編)

スタッフ

原作 北条司(集英社『少年ジャンプ』連載)
企画 諏訪道彦(よみうりテレビ)
キャラクターデザイン 神村幸子
総作画監督 北原健雄
美術監督 宮前光春/東潤一
撮影監督 伊藤修一
音響監督 浦上靖夫/小林克良
音楽 矢野立美
オープニングテーマ 「RUNNING TO HORIZON」作詞:小室みつ子/作曲・編曲:小室哲哉/歌:小室哲哉
エンディングテーマ 「熱くなれたら」作詞:竹花いち子/作曲:千沢仁/編曲:国吉良一/歌:鈴木聖美
レコード EPIC・ソニーレコード
監督 こだま兼嗣
プロデューサー 植田益朗(サンライズ)/諏訪道彦(よみうりテレビ)
制作 よみうりテレビ/サンライズ

キャスト

冴羽獠 神谷明
槇村香 伊倉一恵
海坊主 玄田哲章
野上冴子 麻上洋子
麻生かすみ 富永み~な

レギュラーキャラ出席表

話数 冴羽 槇村香 海坊主 野上冴子 麻生かすみ 備考
1 - - - -
2 - - - -
3 - - - -
4 - - -
5 - - -
6 - -
7 - -
8 - -
9 - - -
10 - - -
11 - - -
12 - - -
13 - -