漫画内で起こった出来事の順番的なアレ

大体は拾うけどどうでも良すぎるのはスルーします


過去(作中外、回想でわかった出来事)

3兆(中略)年前
安心院なじみ誕生
地球が出来たのは100億年前

5000年前
御伽噺の英雄、獅子目言彦
不可逆の破壊者、獅子目言彦がまだ英雄だった頃
この時、安心院なじみはある目的のため言彦に接触、一億回負ける(五体満足で逃げ切り目的は達成する)
おまけ・言彦が会った各時代の主人公体質→4000年前は勇気ある少年、3000年前は優しき策略家、2000年前は老獪な魔女、1000年前は二刀流の義賊

100年前
試験管計画 発案
江戸時代、黒神家と安心院なじみにより箱庭学園の前身である黒箱塾が発案。以後100年間計画が進め続けられる
途中で英語が入った影響か「フラスコ計画」と名が改められる
ちなみに150年前に安心院なじみは不知火半纏と出会う(この出来事がフラスコ計画に至った切欠)

20年前
事の始まり
月氷会の計らいで黒神家の分家から代表婚約者を選出したが、舵樹は七つの分家の代表七人全員と結婚。
今後そんな馬鹿者が出ないよう「漆黒宴」が設けられる。なお鶴喰梟が姉から娘へと妥協しようと暗躍中。

15年前
黒神めだか生誕
主人公、黒神めだかが誕生、同時に鶴喰鳩が死去。この頃、この物語の軸となるキャラクターの大半が生まれる。
そしてめだかのみ爆発的な成長をする。

13年前
めだか、異常専門病院にて球磨川禊・人吉善吉と出会う
めだかに負の感情を植えつけると共に生きる意味を与える。
そして蝶ヶ崎蛾ヶ丸・志布志飛沫が病院を破壊する、また宗像形の最初の犯行もこの年である。

6年前
黒神くじらが家出
めだかの姉である黒神くじらが幸せを苦に家出する。この時からめだかの兄である黒神真黒は彼女を一生懸命探す。
ちなみに高千穂仕種が交通事故にあい家族を失った事件や都城王土の路上生活もこの頃始まる

3年前
めだか、箱舟中学校に入学
十三組の十三人や過負荷等の過去のほとんどはこの頃に集結している。めだかと善吉は一緒に風呂に入るのをやめる。
この中学では「会長、球磨川禊」・「副会長、安心院なじみ」・「書記、黒神真黒」・「会計、黒神めだか」・「庶務、阿久根高貴」が生徒会をやっていた。

漆黒宴が開かれる
黒神家当主と結婚する権利を争う地獄の宴会「漆黒宴」が始まる。
この時の優勝者は鶴喰梟だったがほどなくに漆黒宴初代監督役よって殺害?(死亡を偽装?)される。
そして梟は言彦を倒すため言葉使いの開発に入る。

破壊臣は改心
当時、その凶暴さゆえ「破壊臣」と恐れられ、球磨川に付き従い破壊活動を行っていた阿久根高貴が めだかに影響を受け、破壊活動をやめる。
球磨川がその事に大きく動揺、深くめだかと対立する

球磨川による安心院傷害
球磨川とめだかの対立が深まる中、球磨川は副会長・安心院なじみへの恋心に気づく。
しかし球磨川は安心院の顔が好きなのかそれ以外が好きなのかわからなくなる。
それを確かめるため、安心院の顔を剥がした。
それがめだかに見つかり、直接的な格闘に。
めだかはここで初めて乱神モードに目覚め、めだかは勝利、球磨川が転校する。しかし心に大きな傷を負う。

そして詳細はいまだ不明だが、悪平等『安心院と不知火半纏』の二人を球磨川が大嘘憑きと却本作りの二つで封印したのもこの時である。
大嘘憑きの影響でめだかと善吉は安心院について忘れてしまう

◆ 四月

めだか、箱庭学園に入学 日之影空洞や教師陣との衝突
入学したての頃、めだかは日之影空洞が学校を守っていた所に遭遇、敵も大事にするめだかとの価値観の違いから三日三晩殴り合った。

その後、日之影はめだかに生徒会長にならないかと誘う。
時同じくして小説版めだかボックス上下巻分の話がここで展開されている、作者曰くvs職員室。
ちなみに不知火が善吉に消しゴムを拾ってもらって知り合ったり、鹿屋先輩がノされたのもこの頃。

そして第一話へ…


第一部

日常、異常、過負荷編の三編


初期編、日常編  公式では生徒会執行編


善吉、生徒会の庶務に
2、3年の特待生を集めての役員募集会や日向くん矯正改心などがあった。
その一週間後に二話。

◆ 五月

五月にvs柔道部(コミックスの作者コメントから、「ざっとこんな感じ」とのこと)
そして阿久根が書記に。
生徒会室が「案件を解決したら飾る花」で一杯になり、生徒会室の外に進出。

◆ 六月

日曜日、「部活対抗水中運動会」が開催される。(コミックスの作者コメントから)
次の日、喜界島もがなが会計に。
風紀委員とのいざこざは恐らく 六月、七月 あたり。
(なおアニメの描写にてだが、この時点ですでに結構大きなお花畑が出来ている)

外伝、グッドルーザー球磨川
球磨川禊が水槽学園に転校してくる。作中での時間経過を見るあたり大体この辺。
ちなみに作品順列は「読み切り→アニメ二期最終話→小説」となる。
そして 六月 に球磨川禊と須木佐木 咲の勝者無き戦いで水槽学園が廃校になる。
「水槽学園が先月廃校にされた」と名瀬がフラスコ編最後で言っていたのできっとこのあたり。

◆ 七月

異常編、地下研究所編へ  公式では十三組の十三人編

長い七月十五日
早朝、都城王土がめだかに「13組の人」へ勧誘をする。
13組が13人の空きを狙い登校してくる。
火元を断つため、放課後、生徒会メンバーは地下研究所へ視察に向かい、戦いを繰り広げる。

同日午後五時半、めだかvs王土
王土がめだかの闇に触れ、負けを認め土下座。
その後、地下研究所の凍結(物理)を実行。
研究施設は一時封鎖、浄化作業・解体・リニューアルし
レクリエーション施設として一般生徒に開放予定。

そして球磨川禊が来校する。

過負荷編、-13組編、戦挙編へ  公式では球磨川事件編

七月十六日
人吉瞳の転校、江迎怒江の襲撃、午後五時頃に日之影空洞に会う。

七月十七日
箱庭学園一学期の終業式、リコール発動及び生徒会戦挙開催が決定される。

夏休み、生徒会戦挙
 ・七月二十五日
庶務戦:『毒蛇の巣窟』
善吉が安心院と会う、合宿メンバーが奇襲を受け入院。

◆ 八月

 ・八月一日
書記戦:『冬眠と脱皮』
 ・八月八日
会計戦:『火付兎』
江迎、負傷により入院。
この頃すでに阿久根達は退院、会長戦での応援を集める。
 ・八月十五日
副会長戦:『狂犬落とし』
日之影、重傷により入院。
 ・八月二十二日
会長戦:『人間比べ』
球磨川禊の生徒会入り、永遠に揃わないと言われていた役員全員が揃う。
そして安心院なじみが復活する。

第一部、完


第二部

悪平等編、宝探し編  公式では黒神めだかの後継者編


通称、宝探し編

◆ 九月

箱庭学園は二学期に
安心院なじみが生徒会室にやってくる
後継者を作るという秘策を立て、見学会を始める。
そして後継者、悪平等の分身達の球磨川奇襲および改心

後継者たちが研修を始めてから一週間後
またも長い一日…
第一回オリエンテーション、宝探しの開始
宝探し中の時系列は関門のおまけにて。

宝探しも終わり、夕暮れ時、めだかが善吉を見限るという事態が発生。
善吉が安心院なじみに唆され、めだかと善吉が敵対する。

悪平等編

◆ 十月

体育祭が開催される
第二回オリエンテーション、テレビゲーム大会
『道徳クエスト』略してDQ(ドークエ)
もここらへんの時期に

◆ 十一月

文化祭が開催される
『キヲテラエvsめだかボックス』の対バン勝負

◆ 十二月

十二月二十四日、クリスマス、
箱庭学園最大の祭り、聖夜祭が行われる。(ちなみに冬休み中での開催)
そして第百代生徒長を決める選挙も行われ、めだかはこれに敗退。
善吉が百代目生徒会長となる。

第二部、完


第三部

漆黒の花嫁衣装編


◆ 一月

(ファンブックより一月と判明)

野良めだかが大暴れ
生徒会長職から抜けためだかが自由になり好きに遊びまわる。
月氷会がめだかの前に現れ第二回漆黒宴が言い渡される(コミックスの作者コメントから一月と判明)

漆黒の花嫁衣装編

一週間後、めだか達が行方不明になる。
善吉たち新生徒会はめだか達の救出のため各地にある漆黒宴会場を周る。

そして桃園喪々を追い詰め、協定世界時21:00、漆黒宴決勝戦「消失しりとり」開始。
二日もの時間をつかいam8:00、めだかが勝利する。
ちなみにめだかと善吉が一時決別する切欠となった宝探しの時の発言と同じ発言が再びあったが、今回は決別せずお互い爽やかに漆黒宴会場を後にする。

第三部、完


第四部

不知火不知編、未来へのブーケトス編


◆ 二月

めだかが生徒達から不知火の記憶が無くなっていることに気がつく。(コミックスの作者コメントとファンブックから二月と判明)

不知火不知編

三度目の長い一日
日時不明 午前?
めだか達は訳を知るため不知火を追い「不知火の里」に助けに行く。
獅子目言彦に返り討ちに合い、安心院なじみが死亡する。
言彦対策であるスタイルの開発者、鶴喰梟の居場所を聞きだすため黒神本家へ。
日時不明 午後?(作中の言動から予想)
居場所が箱庭病院跡地と聞き出し移動。
博士と会う、言彦襲撃などを経て、鶴喰梟は死亡するも不知火半袖を言彦から助ける。
博士のスタイルにより月が隕石化するが、めだかがこれを阻止。
月が無くなり、めだか行方不明。

◆ 三月?

(卒業式というところから予想)
箱庭学園卒業式
球磨川禊、鍋島猫美を初めとする三年生が卒業。
めだかが帰ってくる。

未来へのブーケトス編

黒神めだかへの壮行会「百輪走」が行われる
丸一日かけ今までのメンバー達vsめだか。
そしてめだかは箱庭学園を後にする。

◆ 四月

完!じゃなくて、凛!
善吉たちが二年生に進級、そして入学式。
新たな特待や異常やら過負荷の一年生が入学。
そして、黒神めだかが箱庭学園に理事長として就任する。


そしてエピローグへ


◆ 十年後

黒神めだか健在なり
安心院さんが死んで十年目となり神葬祭(という名の同窓会)が開かれる

めだか達は社会人になり、阿久根はおもちゃ会社を設立、もがなは一児の母になる
球磨川をはじめとする何人かのマイナス達は行方不明、音信不通に
善吉も一時ほぼ音信不通になっていたが、それは黒神グループの上級職IDを手に入れる為だった
めだかは月球再生計画を完成させ、あらためて善吉に結婚を申し込んだのだった

めだかボックス、これにて完!