「本日はご多忙の中こうしてお集まりいただきありがとうございます」


名前 :長者原 融通(ちょうじゃばる とけみち)
所属 :2年13組 選挙管理委員会
肩書き:「選挙管理委員会副委員長」「雲仙唯一の男友達」
異常 :「公平」

めだかと球磨川の戦挙において登場した選挙管理委員会の副委員長。
目の周辺にマスクを巻いているが目隠しというわけではなくちゃんと前が見えるようになっている。

実力はそれ相応にあり、球磨川の不意打ちの攻撃にも難なく対応した。
公平のアブノーマルを持っており、ルールは絶対厳守とか言っている。
ルールを人間より重く見る点に置いて雲仙と仲がいいらしい。
しかしその裁定は意外と生徒会側に不利なことが多い。
本人曰く「リコールされた時点でハンデはしかるべきもの」だとか。
まあハンデは戦挙のルールに則っただけかもしれないが、
会計戦では江迎の腕輪破壊を「彼女の心意気に免じて良しとする」などやっぱりルール厳守なのか疑わしい。
更には戦挙の後の個人戦を関知しないなんてまずありえない。
選挙中の一人称は「私」で丁寧な口調で話すが、黒子たちに対しては一人称は「俺」で普通に話していた。
ていうか 鹿屋の時なんでお前がやらなかったんだよ。

10年後は裁判長をやっている。