※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

「あとでマニュアルをお渡ししますので ご熟読ください」


名前 :希望が丘 水晶(きぼうがおか すいしょう)
所属 : 聖カーゴ女学院一年梅組
肩書き: 「ロボ子」「悪平等(ぼく)」
あだ名:「ノゾミちゃん」

苗字の由来は大分県大分市の希望が丘。

球磨川によって「選別」されためだかの後継者候補の1人。外見からしてロボだったが本当にロボだった。ウィ。
その実態は、御船製作所によって製作された自律式人型アンドロイド23番試作機「ホープ」。
つまり年齢は1歳程度なのだが、外見に合わせ中学1年生として聖カーゴ女学院に在籍している。
機械に直接コードを接続してのハッキングなどバリバリ機械なことも出来るが、学校や友達と付き合う時には輪から外れないために手加減を己に強いており、そのせいで学校にはあまりなじめてない模様。
そういった人間ではないことのコンプレックスからか、箱庭学園には「心」を求めて体験入学した。ウィ。
口癖は「機械的に言えば~」。ウィ。

その正体は安心院によって送り込まれた悪平等(ぼく)の1人にして、何のスキルも持たない「普通」の女の子。
球磨川を襲撃した際には飛行ユニットを展開して窓の外を飛び、かぶった濃硫酸を洗い流そうとプールに向かった球磨川を階段から突き落とした。ウィ。
余談だが、復活した球磨川から財部を助ける為、みんなと一緒に土下座をしていた際に頭の飾り(アンテナ?)を外していた。あの髪飾りが実は最強の武器なのかもしれない。
スキルは何も持っていない「普通」な女の子……普通のアンドロイドって事ですね、機械的に考えて。
ロボなのに悪平等の端末な理由は、安心院なじみから不知火半纏への時折あるサプライズのひとつだとか。ウィ。

仲良し五人組の中で一人だけ、1年遅れて入学することになった。
その際、開発者の御船いふに対して反抗期となった。

十年後も仲良し五人組として相変わらず。
ちなみに協同で作ったスマホ向けのゲームが評判が良く、会社にするという話も。 その際にちらっと言われていたがどうやら希望が丘は大学院にいるようだ。

ウィ。